『アズレン』3周年イベントで初の「初期からUR艦」と「運送艦」が登場! 気になる仕様や入手方法を紹介

注目の新艦船が登場する3周年大型海域イベント「刹那觀る胡蝶の夢」は、9月17日より開催予定です。

モバイル・スマートフォン iPhone
『アズレン』3周年イベントで初の「初期からUR艦」と「運送艦」が登場! 気になる仕様や入手方法を紹介
『アズレン』3周年イベントで初の「初期からUR艦」と「運送艦」が登場! 気になる仕様や入手方法を紹介 全 7 枚 拡大写真

9月14日で配信開始3周年を迎えるiOS/Android向けアプリ『アズールレーン』にて、3周年大型海域イベント「刹那觀る胡蝶の夢」が9月17日より開催決定しました。重桜陣営がメインの本イベントでは、『アズールレーン』初となる「レアリティが初期からUR」の艦船、そして新艦種「運送艦」が登場します。

その艦船は、「UR空母:信濃(CV. 能登麻美子)」と「UR:特装型ブリMKIII(CV. 下田麻美)」、「SR運送艦:樫野(CV. 近藤玲奈)」の3隻!




初の「初期からUR、運送艦」ということで気になる点も多いこの3隻に関して、本記事では入手方法や仕様を紹介します。

まず「信濃」の入手方法ですが、イベント「刹那觀る胡蝶の夢」にあわせて開催される期間限定建造から入手可能です。出現確率は1.2%と低いものの、累計200回建造で確定出現となる天井システムが適用(上限は4回)。まったく運が無かったとしても、キューブと資金さえあれば確実に入手できます。

「樫野」も同じく期間限定建造から登場。こちらは普通の艦船と同じく、天井がありません。根気よく建造を回しましょう。


一方の「特装型ブリMKIII」は、常設となる新規追加任務をクリアで1隻、イベント「刹那觀る胡蝶の夢」のイベント累計ポイント報酬で1隻を入手できます。さらに、新登場となるポイント「特装コア」を使ってショップでも入手可能です。

「特装コア」は常設で毎月手に入る新ポイントとなっており、公式によれば「ハード海域で手に入るアイテムと似たイメージ」とのこと。また、建造で入手できるUR艦船を分解することでも「特装コア」を入手可能です。


気になる仕様ですが、「信濃」は限界突破せずともLv.120まで成長可能になっています(※Lv.100からは認識覚醒が必要)。ここに同名艦や「特装型ブリMKIII」を使って限界突破すると、性能強化などのアドバンテージが入手可能です。

上記でふれた通り、「特装型ブリMKIII」はUR艦用の限界突破素材になるわけですね。なお、限界突破ができるのは「建造で出現するUR艦船のみ」なので、「特装型ブリMKIII」自身は限界突破できません。


一方の「樫野」が属する運送艦ですが、これは物資や装備を運ぶ軍用艦となっており、特別に「輸送物資」を装備できます。「輸送物資」を装備することによって、艦隊にいろいろな強化効果を与えることが可能。ゲーム内では前衛艦隊として登場予定です。



注目のUR艦船と運送艦が登場するイベント「刹那觀る胡蝶の夢」は9月17日より開催予定です。この3隻以外にも、多くの新艦船や着せ替え衣装が登場しますので、開催を楽しみに待ちましょう!

なお、UR艦船(改造、建造含む)の実装頻度については、SSR艦船よりも低い頻度になるとのこと。2020年内には、建造入手のUR艦船がこれ以上実装されることは無いと明言されています。また、入手方法はいずれも将来常設化される予定です。

《茶っプリン》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース