『スーパーマリオ 3Dコレクション』名作の面白さは今でも現役なのか、3Dマリオの初期3作を朝イチでプレイ! 手触りや操作感に迫る

その手触りは、未だ名作として揺るがず!

その他 特集
『スーパーマリオ 3Dコレクション』名作の面白さは今でも現役なのか、3Dマリオの初期3作を朝イチでプレイ! 手触りや操作感に迫る
『スーパーマリオ 3Dコレクション』名作の面白さは今でも現役なのか、3Dマリオの初期3作を朝イチでプレイ! 手触りや操作感に迫る 全 50 枚 拡大写真

ゲーム史を代表するアクションシリーズのひとつと称しても、決して過言ではない『スーパーマリオ』シリーズ。ファミコン時代に登場した『スーパーマリオブラザーズ』は、その衝撃的な面白さで一大ブームを築き上げ、今現在に続く人気シリーズの発端となりました。

ですが、本シリーズが衝撃を与えたのは1作目だけではありません。時代にの移り変わりと共に進化し、その都度ユーザーを驚かせています。そして、3Dマリオという新たな地平を切り開いた時も、多くのユーザーを魅了しました。


それまで2Dだったフィールドに奥行きが生まれ、世界を立体的に描いた『スーパーマリオ64』。3Dマリオのシリーズ化を果たし、大きな進化も見せた『スーパーマリオサンシャイン』。宇宙に飛び出し、様々な重力アクションで新たな刺激を提案した『スーパーマリオギャラクシー』。3Dマリオの黎明期を支えた作品たちが、『スーパーマリオ』シリーズに更なる広がりを持たせたのです。

そんな3Dマリオ3作品がセットになった『スーパーマリオ 3Dコレクション』が、ニンテンドースイッチ向けに登場! 本日9月18日に、無事発売を迎えました。当時、いずれも名作と謳われましたが、その面白さは今遊んでも果たして健在なのか──本作のプレイ感などを確かめるべく、発売日当日に朝イチで購入。いち早く触れてみたプレイレポをお届けします。

懐かしい! でも、それだけじゃない面白さが今もある『スーパーマリオ64』



早速ゲームを起動すると、タイトル画面を経て、各作品の選択画面に。ここでプレイするゲームを選べるほか、それぞれのサウンドトラックも楽しめます。名曲も気になるところですが、まずは『スーパーマリオ64』をチョイス。


作品を選ぶと、一度ロード時間が挟まります。といっても5秒ほどなので、体感的に気になるほどでありません。


もちろん、3Dなマリオの顔をぐりぐり動かす部分もちゃんとあります。


3Dマリオの最新作『スーパーマリオ オデッセイ』と比べると、お城の印象もかなり異なります。ですが画質自体は良好なので、こういうデザインとして捉えると、割とすんなり受け入れられます。牧歌的な雰囲気も、一役買っているのかもしれません。


アップになるとマリオの鋭角さは目立ちますが、元々デフォルメが効いているデザインなので、これはこれでという感じ。


何年ぶりかも分からないくらい、久しぶりに『スーパーマリオ64』をプレイ。24年前のゲームなので、ちょっと覚悟をしていた部分もありましたが、予想していたほど遊びにくい操作感はありませんでした。


視点の切り替えなどに多少クセを感じますが、マリオの移動速度やレスポンスなど、直接キャラクターを動かす部分は、今でもしっかり遊べる手触りです。


看板を読んだり、話しかける時の判定がもうちょっと緩いと助かるのは事実。泳ぐ操作は直感的に少しやりにくい部分も。また、距離感が掴みにくい場合もありました。


しかし、遊んでいてある程度気になったのはそれくらいで、アクション面については必要十分。3Dマリオとしての洗練具合については、1作目なので甘いところもありますが、24年前のゲームとは思えない操作感です。


画面はフルサイズではなく黒枠がついた状態ですが、プレイに没頭していると意外と気になりません。スクリーンショットを見て、「ああ、全画面じゃないんだっけ」と改めて気づいたくらいです。



操作感や印象は個人差もあるかと思いますが、少なくともマリオの操作について「遅すぎる」「馴染めない」といった点は当てはまらないでしょう。24年の月日を経ても、『スーパーマリオ64』は健在です。




  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース