いままでありがとう! 生産終了したニンテンドー3DSの思い出深いゲーム39(サンキュー)選

ニンテンドー3DSシリーズの思い出深いタイトルを集めました。あなたはいくつ知っていますか?

任天堂 3DS
いままでありがとう! 生産終了したニンテンドー3DSの思い出深いゲーム39(サンキュー)選
いままでありがとう! 生産終了したニンテンドー3DSの思い出深いゲーム39(サンキュー)選 全 11 枚 拡大写真

2020年9月をもって、ニンテンドー3DSシリーズすべての生産が終了しました。3DSは2011年2月26日に発売されてから長きにわたって活躍しましたし、カメラ機能などもあり子供たちのガジェットとしても利用されたのです。本当に長く愛された携帯ゲーム機といえるでしょう。

この記事ではそんなニンテンドー3DSにありがとうの気持ちを込めて、特に印象深い39作品(サンキュー)をピックアップ。あんなゲーム、こんなゲーム、いろいろありましたね……。

1.『マリオカート7』


画像はAmazonより

ニンテンドー3DSで1,871万本も売れたのが『マリオカート7』! やはり携帯機で「マリオカート」が遊べるというのは大きく、需要もずっと長く続きました。Wii Uで『マリオカート8』が発売されたらこちらも売り上げランキングに載るようになった、という事態もあったのです。

2.『スーパーマリオ 3Dランド』


画像はAmazonより

『スーパーマリオ3Dランド』は単純におもしろい3Dアクションゲームなだけでなく、3DSの立体視をうまく活かしていました。この手のジャンルは距離感が掴みづらい欠点があるのですが、それを立体視でカバー。マリオの着地点がわかりやすいと驚いた方も多いのではないでしょうか。

3.『キュービックニンジャ』


画像はAmazonより

『キュービックニンジャ』は、モーションセンサーを使って箱型ニンジャを操作するゲーム。しかしそれより話題になったのが、3DSのハックに使えてしまうというとんでもない事故でした(おかげで一時期プレミア化)。

4.『レイトン教授と奇跡の仮面』



ニンテンドーDSで人気になった『レイトン教授』シリーズは3DSのローンチタイトルとして発売されました。多くの人が遊びやすい「ナゾトキ」を中心に据えているため、普段あまりゲームを遊ばない人からも大きな支持を得るシリーズに。その後、レイトンの娘が主役となる作品も発売されました。

5.『いつの間に交換日記』


画像は任天堂 公式サイトより

3DSのタッチパネルを使った『いつの間に交換日記』もインパクトの大きい作品でした。手書きで日記をつけてフレンドなどとやりとりができる、いわばSNSのような体験が楽しめたわけですね。

しかし、未成年による公序良俗に反する写真が送受信されてしまう事例が発生。2013年にいつの間に通信を使った日記の送受信サービスが停止となってしまいました。3DSが大きな人気を得たからこその落とし穴といえます。

6.『バイオハザード リベレーションズ』



3DSでは多くのメーカーが挑戦的な作品を展開していましたが、『バイオハザード リベレーションズ』もそんな一作。主役はあの「ジル・バレンタイン」、携帯機でありながらサバイバル・ホラーを成立させた一作です。いわゆるハクスラを楽しめる「レイドモード」も印象的ですよね。

7.『新・光神話 パルテナの鏡』


画像はAmazonより

ファミコンの『光神話 パルテナの鏡』が3DSで復活! しかもディレクター・シナリオはあの桜井政博氏ということで非常に注目を集めた作品です。3Dシューティングを遊びやすく解釈した作品で、マルチプレイも人気でした。

8.『とびだせ どうぶつの森』



『どうぶつの森』シリーズはDSで人気が爆発し、3DSではそれをさらに盛り上げました。本作ではスローライフを楽しむのみならず、村長となって村の公共事業を行えるようになったのです。人気キャラクター「しずえ」が初登場したのもこの作品。

9.『ファイアーエムブレム 覚醒』


画像はAmazonより

『ファイアーエムブレム 覚醒』のおかげで、『ファイアーエムブレム』シリーズが再び活気を取り戻しました。遊びやすいシステム、コザキユースケ氏によるキャッチーなキャラクターデザインなどがポイント。

10.『電波人間のRPG』


画像は任天堂 公式サイトより

「ニンテンドーDSiウェア」のころからダウンロード(DL)ソフトもいろいろ配信されていましたが、やはり3DS世代になってからより盛り上がるようになりました。空気中に漂う電波人間を集めて冒険を繰り広げる『電波人間のRPG』も、非常に有名になったDLタイトルです。

11.『チャリ走DX』


画像は任天堂 公式サイトより

チャリでさまざまなステージを疾走する『チャリ走』シリーズもDLソフトとして大人気でした。もともと携帯電話(フィーチャーフォン)向けではじまったシリーズだけあって、携帯ゲーム機の3DSとの相性は抜群。販売本数もかなりのものでした。

12.『3Dクラシックス 星のカービィ 夢の泉の物語』


画像は任天堂 公式サイトより

ゲームボーイなどのバーチャルコンソールのみならず、レトロなゲームを立体視で遊べるようにした「3Dクラシックス」シリーズも忘れてはならない重要な作品です。『星のカービィ 夢の泉の物語』は丁寧にひとつひとつ原作を再現するように作られており、本当に目コピーなのでミニゲームの30UP仕様が抜けてしまっているのも特徴です。

13.『トモダチコレクション 新生活』



スイッチではあまり活用されていませんが、任天堂のアバター「Mii」も3DS世代では大活躍しました。自分で作ったMiiたちが暮らす島を眺め、巻き起こるさまざまなドラマを眺めるのが魅力の『トモダチコレクション 新生活』。こちらも3DSだからこそ大流行した作品です。

14.『妖怪ウォッチ』



妖怪たちと友達になる『妖怪ウォッチ』は、3DSで最初の作品が発売された直後はそこまで流行っていませんでした。しかし翌年の2014年、一気に大ブームが発生。3DSでもたくさん関連シリーズが登場することになります。

15.『モンスターハンター4』



3DSでは、狩りゲー『モンスターハンター』シリーズもいろいろと発売されました。まずは2012年に『モンスターハンター3(トライ)G』が登場し、2013年には『モンスターハンター4』が登場。翌年には『モンスターハンター4G』も登場し、拡張スライドパッドを使って狩りまくった人も多いのでは。

16.『ポケットモンスター X・Y』



『ポケットモンスター X・Y』では、ついにポケモンが3Dグラフィックで描かれました。これまでのドット絵とは異なりポケモンたちがより動くようになり、新たな「フェアリータイプ」が追加、さらにメガシンカといった新要素も揃えています。

個人的に特に印象的なのが、かつてのポケモン世代に訴えまくる要素(旅の途中で初代御三家が仲間になるなど)。この作品でポケモンを十数年ぶりに遊んだなんて人も少なくないのでは。

17.『いっしょにフォト スーパーマリオ』



ニンテンドープリペイドカードを購入すると、おまけで『いっしょにフォト スーパーマリオ』などがついてくるケースもありました。これは3DSのAR機能でマリオたちと一緒に写真を撮れるというもの。3DSはカメラとしての役割もあったわけですね。

18.『うごくメモ帳 3D』



パラパラマンガのように描いたメモを動かすことができる通称『うごメモ』の3DS版。インターネットで作品を共有したり、友達とメモの交換もできました。この作品で創作に目覚めた人もいるくらいで、3DSをガジェットとして使う際に重要な存在だったのです。

こちらも『いつの間に交換日記』と同じく、途中でフレンドうごメモギャラリーのサービスが停止してしまいました。

19.『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』



あのスマブラが携帯機に! という驚きをもたらした一作。さすがにグラフィックはWii Uに劣るものの、プレイ感覚はそのまま。3DS限定の「フィールドスマッシュ」をまた遊びたいという人も多いのではないでしょうか。

20.『星のカービィ トリプルデラックス』



『星のカービィ』シリーズは一時期こそ新作があまり出なくなりましたが、3DSで再び勢いを取り戻しました。遊びやすいゲームシステムはそのままに、「サーカス」や「ビートル」などの新コピー能力も登場。ミニゲームも豊富で、「カービィファイターズ!」や「大王のデデデでデン」はその後DLソフトとしても独立。「狂花水月」も素晴らしい楽曲でした。


  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《すしし》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース