アニメ版『シェンムー』ってどんな感じになるだろう?…って考えながらプレイしたら寄り道だらけになった

完全に『シェンムー』寄り道プレイ日記だ。コレ

その他 特集
アニメ版『シェンムー』ってどんな感じになるだろう?…って考えながらプレイしたら寄り道だらけになった
アニメ版『シェンムー』ってどんな感じになるだろう?…って考えながらプレイしたら寄り道だらけになった 全 22 枚 拡大写真
!注意!本記事には『シェンムー 一章 横須賀』のネタバレが含まれています。閲覧にはご注意ください。


9月上旬、セガの名作アクション・アドベンチャー『シェンムー』のアニメ版「Shenmue the Animation」が発表されました。

制作は、セガサミーホールディングス株式会社のグループ企業のテレコム・アニメーションフィルム。監督は「ワンパンマン」2期を手掛けた櫻井親良氏で、それ以外の情報は公開されていません。

公式サイトやSNSなどは今後随時公開予定であるとのことですが、ファンとしては一体どんな内容が描かれるのか気になります。

そもそも「Shenmue the Animation」は、『シェンムー 一章 横須賀』全編を描く予定なのか、それとも前編後編と、ある程度分けるのか、最新作の『シェンムーIII』の展開も考えているのか……などなど、考えだしたらキリがありません。

そこで筆者は、PS4向け『シェンムー I&II』を実際にプレイし、その様子をあらすじ風に書いて、アニメ版ではどれくらいのストーリーが進むのか自分なりに考えてみました。でも、ただの『シェンムー』寄り道日記になったような……いやいやそんなことない!……はず。

第1話「藍帝襲来」



主人公の芭月涼は自宅に向かって走っていた。唐突に嫌な予感がしたのだ。

その虫の知らせは正しかった。厳格でありながらも優しさを忘れない父、自室に格ゲーのポスターが貼られている福さん、毎日500円のお小遣いをくれる稲さん……涼の家族は藍帝の理不尽な暴力によって地に伏せていた。

藍帝は、涼の父に手をかけ、家に隠された「鏡」を奪い去っていく。

涼は、「…愛すべき、友を、持て…」という父の最期の言葉を受け取り、悲しみに暮れるのであった。


父の死を引きずりながらも事件の背後関係を調査しようと思い立った涼は、まずは自宅を物色した。

クローゼットや冷蔵庫の中をあけたり、父の部屋の掛け軸を取ったり戻したり、レディの稲さんの部屋に踏み入ったりした。

しかし、事件の真相は全く掴めないのであった。やはり家の外から出るべきだろう。

第2話「ガチャガチャ襲来」



涼は、自宅から飛び出し、住人たちに聞き込み調査を始める。住人たちと涼はほとんど知り合いであり、事件前は今よりも明るく気さくな少年であったことがわかる。

住民たちから断片的な情報を集めながら、少しずつ事件の真相に迫っていた。


しかし……調査は不運にも中断される。「阿部商店」のガチャガチャと遭遇したからだ。

ガチャガチャには、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のキャラクターフィギュアが入っていたのだ。これはやるしかないと思った涼は、ひたすらレバーをまわす。

「ひたすら」というのは誇張表現ではない。ガチャガチャの前で跪き、同じ姿勢で4時間以上もレバーをまわしていたのだ。

気がつくと午後11時をまわった。急いで帰宅すると玄関の前に稲さんが待ち構えており、もっと早く帰ってほしいと怒られてしまう。しかし、まだフィギュアのコンプリートは終わっていない。コレクターとしての戦いはまだ始まったばかりなのだ。

第3話「対決!湯川専務!」



前回のガチャガチャの続きをした後、涼は、阿部商店の中に入っていった。そこで対象商品を買うと豪華賞品が当たるくじが貰える「シェンムーくじ」というキャンペーンが実施中であることを知る。

涼は、2等の「湯川専務 ハッピバージョン」が無性に欲しくてたまらなくなった。昨晩、ガチャガチャに熱中したせいで、手持ちは8,000円まで減ってしまったが、流石にそのくらいあればお目当てのものは手に入るだろうとたかをくくる。

そんな楽観的な涼の考えは、後に不幸をもたらすことになる。


ポテトチップスやチョコレート、キャラメルを大人買いする涼だったが、阿部商店のおばちゃんは何もいわずただ見守るだけであった。「アンタ、それ全部食べる気かい?絶対病気になるよ」くらい言って欲しい気もする。

所持金が4000円を切った折、ようやく3等の「湯川専務 スーツバージョン」を当てる。手応えを感じた涼だったが、すでに閉店時間。ここは一旦帰宅して、明日に備えるのが上策だろうと判断する。

しかし、涼は、残金のことを忘れるほどヒートアップしていると自覚していなかった。

第4話「最大の敵は『貧困』と『ゲーセン』」



恐れていた事態が起きてしまった。いや、阿部商店で遊んでいればこんな日が訪れることはわかっていたはず。しかし、涼は目を背けていたのだ。

所持金が底をつきた。1円もない。明日からは稲さんにもらう500円のお小遣いが生命線だ。

少なくともこれで欲望に囚われず事件の調査を再開できる。涼は住宅街からどぶ板の方に向かうのだった。


事件の真相に近づくべく中国人を探す涼であったが、ここで調査を妨害する宿敵が現れる。

ゲームセンターである。

店の前には、新たなガチャガチャがあり、中には人気アーケードゲームなどが置かれているのだ。これは入って遊ぶしかない。

しかし、所持金は稲さんから貰った500円のみ。ここは慎重にプレイするゲームを選ばなければならない。『スペースハリアー』か、『ハングオン』か、『QTEタイトル2』か『エキサイトQTE』か……『ダーツ』なんてものもある。

涼は、一体何のゲームから手を付けるのだろうか……。

第5話「激闘!『スペースハリアー』」



涼が最初に選んだのは3Dシューティングゲーム『スペースハリアー』だった。

涼は、若き戦士ハリアーを操作し、目の前に迫ってくる数々の敵を倒していく。しかし、シューティングゲームに慣れていない涼は、ステージ2の途中でゲームオーバーに……。

今まで味わったことがない屈辱感によって、涼の金銭感覚はさらに狂っていくのであった。


涼は、戦いながら成長していた。

2回目はステージ2をクリア、3回目はステージ3のボス直前に到達し、4回目になるとステージ3のボスを倒せた。しかし、5回目のプレイでは4回目と同じ結果に。所持金もゼロになってしまう。

さらなる成長には追加料金が必要だ。世界の危機を救うまで金を手に入れるのだ!涼!

6話「チャーリーという男」



駄菓子屋やガチャガチャ、ゲームセンターなどの障害によって事件の調査は思うように進まなかったが、所持金がゼロ円になったことでようやく進展し出す。

どうやらチャーリーという密輸ブローカーが何か知っているらしい。涼は、これからチャーリーの居場所を調べなければならない。


チャーリーは、サングラスをかけていて黒い革ジャンを羽織っているらしい。あと腕に入れ墨があるのだとか……。

これだけの情報を頼りに涼はどぶ板の人々に聞き取り調査を進めていく。途中、ほぼチャーリーみたいな格好のやつに出会うが、こいつはちょっと違った。というか、こいつは悪者ではなく商店街の住人だった。人相が悪いからって悪者ではないのだ。

その後、チャーリーの手がかりを掴めてきた。どうやら奴は夜の七時に出没するようだ。


  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《真ゲマ》

この記事の写真

/

関連ニュース