PS5が買えなかったんじゃない、「買わなかった」んだ! 予約に負けた悔しさを、思考の切り替えで乗り切ってみる

PS5が買えなかった同士に捧げます・・・!

その他 特集
PS5が買えなかったんじゃない、「買わなかった」んだ! 予約に負けた悔しさを、思考の切り替えで乗り切ってみる
PS5が買えなかったんじゃない、「買わなかった」んだ! 予約に負けた悔しさを、思考の切り替えで乗り切ってみる 全 8 枚 拡大写真

「PS5? 今じゃないんだよね」と思いこんでみる



多少なりとも前向きな方向も思案してみましたが、元々妬み・そねみが出発点なので、改めて認識を歪ませてみたいと思います。まずは妬みの王道として、「本当はまだ欲しくなかったから」と自分に言い聞かせてみるのもひとつの手でしょう。

出たばかりの新ハードは、どうしてもタイトルのランナップが限定的です。その中に遊びたいソフトがあったとしても、1~2本くらいだったら、ほどなく遊び終わります。そして、「次に遊ぶソフトはいつ出るの? まだかな?」とやきもきするくらいなら、選択しきれないくらい出揃ってから買う方が賢いかもしれません。

PS4ソフトと互換性がある? それはPS4で遊べます。ロード時間が短くなるといった恩恵もあるようですが、比較しなければ認識できません。認識しない事実は現実にあらず!

時期的に見ても、学生であれば期末試験が近づいてきますし、社会人も慌ただしい年末が目前。PS5と向き合う時間を作るのも難しいタイミングなので、色々と落ち着いた頃に入手すればいい・・・そんな思考の切り替えで、気持ちに平穏をもたらす手も悪くありません。

「買い時まで待ってるんだ」というスタンス



タイミングという観点からは、別の可能性を見いだすこともできます。PS5における今後の展開はまだ未知数ですが、PS4の動向を踏まえて予想するのも悪い手ではありません。

PS4の歴史を辿ると、消費電力の低減や軽量化などを実現したマイナーチェンジモデルの登場、低価格化に上位バージョンの登場と、様々な試みが行われました。こういった展開がPS5に来ると仮定し、その時まで待機しておくのも選択肢のひとつです。

PS4が発売されたのは、2014年2月22日。そして初の価格改定は、2015年10月に行われました。その間、約1年7ヶ月。この間隔をそのまま当てはめると、2022年の夏頃にはPS5に値下げが訪れるかもしれません。

また、上位モデルのPS4 Proの発売は、2016年11月でした。約2年8ヶ月を待つ強い意志があれば、PS5 Proの登場に合わせてデビューできる可能性があります。あくまで可能性であり、完全に想像・憶測ですけども!

時期はともかく、価格改定についてはこれまでのPSシリーズでたびたび行われてきたので、実施する見込みは決して小さくありません。上位モデルの展開も、ゼロとは言えないでしょう。

「まだPS5買ってないの?」と聞かれても、「PS5 Proが出るまで待ってるんだ」と答えれば、その場をスタイリッシュ(願望)に切り抜けることができるので、実際にどうするかはともかく、気持ちの落としどころとしていかがでしょうか。




  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース