PS5が買えなかったんじゃない、「買わなかった」んだ! 予約に負けた悔しさを、思考の切り替えで乗り切ってみる

PS5が買えなかった同士に捧げます・・・!

その他 特集
PS5が買えなかったんじゃない、「買わなかった」んだ! 予約に負けた悔しさを、思考の切り替えで乗り切ってみる
PS5が買えなかったんじゃない、「買わなかった」んだ! 予約に負けた悔しさを、思考の切り替えで乗り切ってみる 全 8 枚 拡大写真

新たなゲーム体験の扉を開けてくれると、多くのゲームファンが期待を寄せた「PlayStation 5」(以下、PS5)。この注目の最新ハードが、11月12日に発売されました。

その評価は人によって様々かと思いますが、多くの方から賛同を得られるであろう事実がひとつあります。それは、「供給が少ない!」という現状です。手に入らない人が出るほどの人気を集めているとも言えますが、発売日に買えなかった人が多いのは間違いありません。

予約抽選に申し込んだものの、運に恵まれず、PS5のない毎日を送っている方もいることでしょう。無論筆者も、そんなゲームファンのひとりなのでご安心ください。ゲームライターをしていても、購入のアテは抽選販売。そして見事に落選し、改めて新たな抽選応募に申し込みました。

それにしても、こんな寂しい気持ちのまま日々を過ごすのは、どうにも切なすぎます。しかし、PS5が買えなかったのは事実。いくら嘆いても、今すぐPS5を手に入れることはできません。では、どうしたらいいのか・・・そうだ、現実を変えよう!

今直面している問題は、PS5が買えなかったことではありません。そのせいで湧き上がる感情、いわば気持ちが問題なのです。そしてこの気持ちは、現実を認識しているせいで生まれるもの。ならば、認識を歪めればいいだけです。さあ、あなたも認知を歪めて、平穏な時間を取り戻しませんか?

ちなみに、最初にお断りしておきますが、本記事は負け惜しみ現実逃避で構成されております。用量・用法を正しく守ってご利用ください。

PS5はないが、代わりに失わなかったものがある!



PS5が買えなかった事実は変えられません。ここが変えられるなら、とっくに変えてるよ! なので、その事実に繋がる形で、気持ちを切り替えられるポイントに心をスライドさせましょう。

まずは、PS5を購入しなかった(できなかった、という思考はやめましょう)ことで、どんな影響があったかを考えてみます。その答えはひとつではありませんが、直接的な意味で大きいのは、現実ならぬ現金です。

PS5の価格は、通常モデルが49,980円、少しお安いデジタル・エディションでも39,980円。しかもここに消費税が加わるので、最低でも4万円以上の現金が、財布か口座から消えていきます。更にゲームソフトや追加のコントローラなどを買えば、必要な金額は更に積み上がることに。

しかし、振り返ってみてください。私たちの手元か口座には、その金額が手つかずで残っているのです。自由に使えるお金がこんなにあるなんて、最高じゃないですか!

もし、今も気分が沈んでいたら、この4万円を握りしめて遊びに出かけるのもお勧めです。そうしたら、気分もきっと変わるでしょう。

・・・今使ったら、実際に買える日に困るんじゃないか、って? 大丈夫、それは未来の自分がなんとかしてくれます。その自分は、PS5が遊べる自分です。ちょっとくらい苦労しても、十分な見返り(=PS5)があるので、そいつが頑張るべき!(妬み)

大事なのは、未来よりも今の自分。その気持ちを忘れずにいきましょう。そう、せめて今だけでも・・・。

PS5はない、だからこそ時間がある



いきなり妬みスタートになってしまったので、今度はやや前向きな気持ちの収め方を模索してみます。PS5が目の前にないということは、PS5で遊ばなくていいわけです(遊べない、という危険思想はお忘れください)。

これは、PS5に費やすはずの時間が余った、と考えることもできます。時間は有限ですし、お金で買うこともできない貴重なリソース。これを有効活用し、気分を切り替えましょう。そのお勧めとしては、やはりゲームです。

趣味としてのウエイトは個々人で異なると思いますが、発売日にPS5の購入を検討するほどならば、それなりのゲームファンの可能性が高め。それだけゲームが好きなら、色んな作品を遊んでいると思いますし、中にはまだクリアしていないタイトルもあるのでは?

行き詰まって止まっていたり、別のゲームを遊び始めて中断したり、もうすぐエンディングと悟って立ち止まったり。理由は千差万別ですが、「クリアしたいけど、まだ終わらせてないゲーム」のひとつやふたつ、あってもおかしくありません。また、買ったいいけどまだ開けてもいない・・・そんな人も皆無ではないでしょう。

今こそ、そんなゲームを振り返り、再びプレイ意欲に火を点ける時です! ゲームシステムを忘れた? もう一度学び直すのも、贅沢なひとときです。ストーリーを思い出せない? いっそ最初からやり直すのもオツなもの。あなたが好きなゲームたちは、あなたのことを今でも待っていますよ!




  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース