『Apex Legends』サーバーの問題やバグ対策の進捗が公開ーバグの自動検出ツールの開発も進行中

新シーズンでは問題への対処がより素早く。

ソニー PS5
『Apex Legends』サーバーの問題やバグ対策の進捗が公開ーバグの自動検出ツールの開発も進行中
『Apex Legends』サーバーの問題やバグ対策の進捗が公開ーバグの自動検出ツールの開発も進行中 全 2 枚 拡大写真

エレクトロニック・アーツは、基本プレイ無料のバトルロイヤルFPS『Apex Legends』について、プレイ中のサーバーなどで発生する問題への進捗状況などに関する情報を公開しました。


同作ではたびたびサーバーの問題が発生しており、いくつか対策を講じていくとのこと。サーバーの問題を自動的に検出するツールの実装や、最適化によるレイテンシの削減の他、攻撃が命中しているにも関わらずダメージが発生しない、いわゆる「弾抜け」の問題についても検出を自動化するツールを開発中だそうです。


また、リアルタイムアラートと、パフォーマンス表示にサーバーのIDを表示させるシステムも新シーズン「英雄の軌跡」で実装予定。これでよりサーバーの問題を特定しやすく、素早い対応が可能になるとのことです。


より専門的な解説も含めて、詳細はこちらのページ(リンク先英語)をご覧ください。

《8月》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース