『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

カムラの里を歩き回り、里の住民全員と会話をしてみました。

任天堂 Nintendo Switch
『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑
『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑 全 49 枚 拡大写真
アップデートVer2.0で新たなヌシや古龍が追加され、ますます盛り上がりを見せるニンテンドースイッチ向けハンティングACT『モンスターハンターライズ(以下、ライズ)』。


突然ですが、ハンターの皆さんはカムラの里を隅々まで歩き回りましたか?『ライズ』には「勲章」というものがあります、勲章はゲーム中にとった様々な行動を記念して贈られるものです(大社跡でクエストを50回クリア、キャンプをすべて開放、など)。その中に「歩き疲れない下駄」というものがありますが、これは里の中の話しかけられる人物すべてと会話を行うことで手に入ります。ということで、今回はこの「歩き疲れない下駄」獲得のために、話しかけることのできるカムラの里の住民すべての居場所と、彼らとの会話の中で聞ける住民たちの以外な一面などを紹介していこうと思います。

カムラの里 たたら場周辺


傘屋のヒナミ
カムラの里入り口の門近くで傘を売る女性。緊急時には門を閉じるという任務も帯びているとのことで、主人公が危険な狩猟を行う際は万が一のことを考え門の近くで待機しているそう。

米穀屋のスズカリ
夫のセンナリと一緒に米穀屋を営む女性。夫のことを深く信頼し、愛している様子。事ある毎にご飯の重要性を説いてくれます。しかし主人公はお団子しか食べられない…。時折傘屋のヒナミと井戸端会議を行っていることもあります。

米穀屋のセンナリ
スズカリの夫で米穀屋の主人。スズカリとは相思相愛の仲。曰く、妻の美しさの秘訣もやはり米をたくさんたべるから、とのこと。

お医者のゼンチ
医者をやっているアイルー。普段は屋根の上で居眠りばかりしている。カムラの里の人間は体が強いようで、あまり医者の出番が無いとのこと。それでも主人公の体のことは気にかけてくれています。雑貨屋のカゲロウとは仲がよく、雑貨屋のセール時には屋根から降りて盛り上げ係をしています。

ガルクマスター・イヌカイ
門からの道にガルクと一緒にいる男性。この里で生まれたオトモガルクの育成を一手に任されており、世間話ではガルクの扱い方について様々なアドバイスをしてもらえます。また、オトモガルク用の新たな道具を手に入れるためのサイドクエストなども依頼されます。

イヌカイのガルク・ゴウカ
常にイヌカイの側で待機する黄色いスカーフがオシャレなガルク。勲章のためにはガルクにもきちんと話しかける必要があります。

里の受付嬢ヒノエ
ソロ用の里クエストの仲介を一手に引き受けている受付嬢。集会所のミノトは双子の妹。ミノトと共にハンターに憧れていた時期があったものの、ヒノエは飽きっぽく、ミノトはあまり外に出たがらないということで計画は白紙に。うさ団子が大好物で、かなりの頻度でうさ団子を頬張っている姿を確認できます。ちなみにヒノエ曰く、「飽きっぽい」というよりも、天賦の才によって「極めて」しまうため、やることがなくなってしまうそう。

雑貨屋のカゲロウ
里の受付嬢の向かいで雑貨屋を営んでいる人物。常に顔を隠している。里に流れ着いた時には大怪我を負っていたものの、ゼンチの処置により一命をとりとめたそうです。なにかとヨモギのことを気にかけている様子。

八百屋のワカナ
雑貨屋の横で八百屋を営む女性。隣のおにぎり屋のセイハクは息子。夜に集会所に行き、川の流れを見ながらお酒を飲むのが好きとのこと。

おにぎり屋のセイハク
八百屋の隣でおにぎり屋を開いているワカナの息子。コミツのことが好きなようで、世間話では何かとコミツのことを話題にだします。が、素直にはなれないようで、ついついいたずらをしている様子。

魚屋のカジカ
おにぎり屋の隣で魚屋を営むアイルー。魚は体に良いと、なにかにつけて主人公に魚を買わせようとしてきます。なぜかたまに主人公の自宅の風呂に入っていることも。これ公衆浴場なんですか?

加工屋のハモン
たたら場前で加工屋を任されている老人。元ハンターで、50年前の百竜夜行の頃は現役だったそうです。オトモ広場の雇用窓口イオリは実の孫。しかし自身はガルクが苦手とのことで、複雑な心境を吐露することも。世間話ではちょくちょく孫バカな面も表れます。イオリくん曰く、オトモ広場と修練場にある「からくり蛙」はハモンが作ったものだそうです。

オトモ加工屋のフクラ
ハモンの隣でオトモ用の武具を制作しているアイルー。ハモンのことは師匠と慕っています。研究熱心なようで、ハモンの作り上げたからくりについて質問攻めをするも、しっかりと答えてくれたとのこと。

加工屋見習いのミハバ
加工屋ハモンに師事する若者。師匠が集会所で現役時代の仲間(里長フゲンやギルドマネージャーのゴコク)と酒を飲んでいることに憧れているようで、同期ということにされた主人公と後年酒盛りすることを楽しみにしているそうです。

先輩ハンター・ハネナガ
オトモ広場へ向かう道にいる男性。大翔蟲について詳しく、サイドクエストなどで主人公に大翔蟲をわけてくれます。実はハンター歴こそ長いものの、ちゃんと狩りに行ったのは数回だそうです。全身をオサイズチの装備で揃えているのもそこに理由があるのかも……。

里長フゲン
リーダーシップあふれる言動が素敵なカムラの里の長。百竜夜行でお世話になっている人も多いことでしょう。おちゃめな一面もあるようで、スズカリは宝刀でお肉を切って食べていたところを目撃したとのこと。

里長のオトモ・カエン
常にフゲンの横でビシッとしたおすわりをして待機しているオトモガルク。フゲンに撫でられている時だけ尻尾をブンブン振り、感情を爆発させます。

郵便屋のセンリ
カムラの里の中心にいるアイルーの郵便屋さん。マルチプレイを行う際は基本的にお世話になることでしょう。世間話ではマルチプレイ時に連携を図るための方法などを教えてくれます。

飴屋のコミツ
集会所への通りでりんご飴を売っている少女。最近の悩みはおにぎり屋のセイハクが優しかったり意地悪だったりと対応がコロコロ変わること、だそうです。ちなみに、彼女が店先にいない場合はヒノエの隣でお団子を食べてることが多いです。

詩好きのシイカ
茶屋でお茶を飲んでいる女性。主人公の狩猟に感動したり、他の人との会話をきっかけに何かと詩を作っては披露してくれます。が、出来はトリッキーなものが多いようです。

ハンター見習いのタイシ
ハンターを目指してウツシ教官に指導を受けている少年。里にいるタイミングは休憩の時間なのか、茶屋でお団子を食べている姿をよく見かけます。彼いわく、ウツシ教官のジンオウガのモノマネは本物と見間違うほどだそう。

茶屋のヨモギ
茶屋の看板娘。世間話では常に新作メニューを出せないかと思案、試作を繰り返しているようすが伺えます。うさ団子注文時の歌もキュート。

茶屋のキナコ
茶屋でお餅をつくアイルーその1。美味しいうさ団子を作るために常に全力で仕事に臨んでいます。シラタマとの息のあったコンビネーションで行う高速餅つきは必見です。

茶屋のシラタマ
茶屋でお餅をつくアイルーその2。こちらも一生懸命お餅をついていますが、杵にお餅を全てくっつけて慌てるといったおちゃめな一面も。

船着場のホバシラ
船着場にいる男性。流通や品物の管理をしているようで、カムラの里で作られた品々が他の地域で人気という話が聞けます。

船着場のツリキ
カムラの里を大きな荷物を持ちながら歩き回っている男性。船着場に到着した荷物を各商店などへ運ぶのが仕事のようです。ホバシラ曰く、ツリキ父親は里の外で働いており、様々な品を送ってくるとのことですが、普通に働いているだけではまず手に入りそうにならないものも多いということで、何を生業としているかは不明だそうです。セイハクの店でおにぎりを買うと高い確率で隣の店のワカナに野菜を付けられるも、母親に言われているようで逆らえない…と心境をこぼしていました。

船着場のイカリ
ツリキと同じく、荷物を里の各地へ運んでいるアイルー。休みの時間には茶屋の椅子に座ってゆっくりをお茶をしている姿が見られます。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《KADEN》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース