『ウマ娘』実競馬にも広がる復活アイテム「目覚まし時計」の使用―負けたら「ハッ!夢か…」で現実逃避

実競馬の重賞レース開催にあわせて、『ウマ娘』の復活アイテム「目覚まし時計」の使用メッセージ「はっ…なんだ、夢か」をもじったツイートが流行しています。

モバイル・スマートフォン iPhone
『ウマ娘』実競馬にも広がる復活アイテム「目覚まし時計」の使用―負けたら「ハッ!夢か…」で現実逃避
『ウマ娘』実競馬にも広がる復活アイテム「目覚まし時計」の使用―負けたら「ハッ!夢か…」で現実逃避 全 4 枚 拡大写真

昨今、実競馬の重賞レースが開催される度に、『ウマ娘 プリティーダービー』の復活アイテム「目覚まし時計」を用いたツイートが流行しています。

本アイテムは、ウマ娘を育成する際、レースでゲームオーバーに繋がる敗北をすると、それを「夢オチ」として無かったことにし、レース当日の朝まで戻るというもの。この効果に沿って、応援する競走馬が負けた場合、それを夢だったことにして、あたかも再びレースが始まるかのように振る舞う、現実逃避的ツイートが呟かれているのです。


具体例を挙げると、本アイテム使用時のメッセージ「ジリリリリ…(目覚ましの音)、はっ…なんだ、夢か。今日は大切なレースの日。夢のことは忘れて、早く〇〇(担当ウマ娘の名前)のところへ行こう」をもじり、「ハッ!夢か…今日は〇〇(応援する競走馬の名前)の大事なレース。早く競馬場に向かわなければ…」といった感じ。

画像はTwitterより

直近・5月9日に開催された「NHKマイルカップ」では、3番人気だった「バスラットレオン」がスタート直後につまずき、騎手が落馬して競走中止となるアクシデントが起こりました。結果的に1着は、2番人気の「シュネルマイスター」に。

これを受け、「ハッ!夢か…今日はバスラットレオンの大事なレース。早く競馬場に向かわなければ…」というツイートが多数投稿。もちろん、似たようなツイートがほかの競走馬でも投稿されています。

これまでにも競馬では、サブカルチャーを組み合わせたネタツイートがいくつか登場してきました。今回の「目覚まし時計」も、ネタツイートとして語り継がれていくかもしれません。


《茶っプリン》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース