“会長”と親しまれるVTuber・桐生ココさんがホロライブ卒業を発表―7月1日の「卒業ライブ」をもって活動終了

人気VTuber・桐生ココがホロライブ卒業を発表しました。

その他 VTuber
“会長”と親しまれるVTuber・桐生ココさんがホロライブ卒業を発表―7月1日の「卒業ライブ」をもって活動終了
“会長”と親しまれるVTuber・桐生ココさんがホロライブ卒業を発表―7月1日の「卒業ライブ」をもって活動終了 全 2 枚 拡大写真


VTuber・桐生ココさんは、6月9日にYouTubeにて実施した「桐生ココからみなさんへ大切なお知らせ」という生配信にて、所属プロダクションのホロライブを卒業することを発表しました。

桐生ココさんは、2019年12月にデビューしたバイリンガル(英語/日本語)のVTuber。その仁義と任侠を重んじるキャラクターから「会長」という愛称で親しまれ、チャンネル登録者数はデビューから1か月で10万人を。2021年2月17日には100万人を突破するなど人気を集めています。

卒業の理由については「言えないことがとっても多いので、皆さんには言わないことになります。納得できないよね」とのみコメント。7月1日20時00分より実施される“卒業ライブ”をもって活動終了となるとのことです。なおメンバーシップは卒業後も3か月間は継続、YouTubeチャンネル自体は存続し続けます。

また「他のホロライブメンバーが触れていないのに卒業の件を話題に出すのはやめてね」との注意も促しています。

《ジュイス内藤》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース