『モンハンライズ』公式Twitterのリプ欄が“モフモフ天国”に!開発チームのリアルオトモ紹介が動物好きの心に火を付ける

『モンハンライズ』で開発チームが自身の“オトモ”を紹介。それを受けて、リプ欄がモフモフ天国に早変わり!

任天堂 Nintendo Switch
『モンハンライズ』公式Twitterのリプ欄が“モフモフ天国”に!開発チームのリアルオトモ紹介が動物好きの心に火を付ける
『モンハンライズ』公式Twitterのリプ欄が“モフモフ天国”に!開発チームのリアルオトモ紹介が動物好きの心に火を付ける 全 1 枚 拡大写真

「モンスターハンター」シリーズにおいて、ハンターを協力にサポートしてくれるオトモ。特に最新作『モンスターハンターライズ』ではお馴染みの「アイルー」に加えて「ガルク」も仲間入りし、よりバリエーションが豊かになりました。

そんなオトモの外見は、我々の世界で暮らす猫や犬にそっくりです。そこに関連して、『モンスターハンターライズ』公式Twitter上にて、開発チームのメンバーが最愛の“オトモ”を紹介する企画がスタートしました。

記念すべき第1回目として、手裏剣がデザインされたバンダナをクールに巻く「ハル」が紹介されています。遠くを見つめる目には、いったい何が映っているのでしょうか。その佇まいはまさに、ガルクそのものです。

この投稿を受けて、プレイヤーからも自身の“オトモ”を紹介する返信が続々と寄せられる事態に。アイルー(猫)やガルク(犬)が中心となっていますが、中には「フ、フクズクなら…」というコメントと共にオカメインコが紹介されるなど、ほっこりすること間違いなしな投稿が数多く集まっています。

さらには、自身のペットとゲーム内のオトモを並べて投稿する方も多数。当時飼っていたペットの名をオトモに引き継がせ、今でも一緒にフィールドを駆け回っているというエピソードには泣かされます。やめておくれ、その手の話には弱いんだ…。

ハンターとオトモの間にある、強い絆。その確かな存在感は、我々が住む世界も「モンスターハンター」の世界も変わらないようです。


《ねんね太郎》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース