『ポケモン ソード・シールド』まさかの“ダイマックス禁止”にユーザー困惑―次回ランクバトルは目玉要素が制限された環境に

『ポケモン ソード・シールド』にて、ランクバトルにおける「シリーズ10」のレギュレーションが発表。まさかの「ダイマックス禁止」というルールに、ユーザーから困惑の声が上がっています。

任天堂 Nintendo Switch
『ポケモン ソード・シールド』まさかの“ダイマックス禁止”にユーザー困惑―次回ランクバトルは目玉要素が制限された環境に
『ポケモン ソード・シールド』まさかの“ダイマックス禁止”にユーザー困惑―次回ランクバトルは目玉要素が制限された環境に 全 3 枚 拡大写真

ニンテンドースイッチ向けソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』にて、ランクバトルにおける「シリーズ10」のレギュレーションが発表。まさかの「ダイマックス禁止」というルールに、ユーザーから困惑の声が上がっています。

8月1日~11月1日にかけて適用される本レギュレーションでは、「ミュウツー」や「ザシアン」をはじめとする禁止級伝説1匹までに加え、本作に登場するほぼ全てのポケモンを使用可能。俗に言う「竜王戦ルール」と同じですが、前述した通りダイマックスが禁止されます。

ご存知の通り、ダイマックスは本作から登場した新要素。ポケモンが巨大化してパワーアップするというインパクトは、ストーリーでも大きな見せ場として扱われました。体力が増えるほか、強力なダイマックス技を使えるようになるので、戦略面でもかなり重要な要素。どのタイミングでダイマックスを切るかも、実力の見せどころと言えるほどです。

言うまでもない“本作の目玉要素”が禁止というのは、さすがに驚きを隠せません。過去には公式大会「スパイクチャレンジ」にて、同じくダイマックス禁止ルールが適用されましたが、そちらの開催期間は約3日と短いうえ、スパイクタウンをテーマにしているので「こういうのも良いね!」で済ませられました。しかし、今回の開催期間は約3か月です。

ダイマックス禁止にTwitter上でも、「ここ...ガラルじゃなかったのか...」や「ダイマ禁止だったら剣盾の意味ないじゃん!」などの反応が。中には「ダイマ禁止もたまには面白い」とする声もありますが、同期間に禁止級伝説が使用可能なのを受けて「ダイマ禁止自体は神ルールなんだけど、そこに禁伝入れるのは意味わからんな」となるパターンも見られます。

画像は『Pokémon HOME』のお知らせより

どのような環境になるのか想像がつかない「シリーズ10」は、8月1日13:00より適用予定です。


《茶っプリン》

茶っプリン

ゲームライター 茶っプリン

「ゲームの新情報を一番に知りたい、そして色んな人に広めたい」そんな思いからゲームライターに。インサイドではニュースライター、時々特集ライターとして活動。関係者、ユーザーから生まれるネットブームにも興味あり。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース