『モンハンライズ』こんなカッコ良い「ビシュテンゴ」も見てみたかった?公式インスタのラフ画に注目

『モンハンライズ』悪戯大好きなビシュテンゴ、開発時点ではクール系だった?

任天堂 Nintendo Switch
『モンハンライズ』こんなカッコ良い「ビシュテンゴ」も見てみたかった?公式インスタのラフ画に注目
『モンハンライズ』こんなカッコ良い「ビシュテンゴ」も見てみたかった?公式インスタのラフ画に注目 全 1 枚 拡大写真

カプコンはニンテンドースイッチ『モンスターハンターライズ』の公式Instagramにて、作中に登場する「ビシュテンゴ」のラフ画を公開しています。

ビシュテンゴは「天狗獣」という二つ名を持つ、大型の牙獣種です。猿や天狗がデザインのモチーフとなっており、『モンスターハンターライズ』にて初登場。どこか茶目っ気のある表情を持ち、腹部の袋に溜め込んだ無数の柿を投げつけたり、尻尾だけで体を支えてコマのように回転しながら移動したりと、ユニークな動きでプレイヤーを翻弄しました。

ラフ画として公開されたビシュテンゴは、ツノやクチバシの形も様々。様々な試行錯誤を経て、現在の形に落ち着いたことが推測されます。

別のラフ画では、尻尾を支点として立ち上がる姿が確認できます。脚の位置を考えると、この状態は威圧感を感じるほど、体全体が大きく見えてきますね。猿っぽさが出ている現在のデザインと違い、グリフォンのようなカッコ良さもあります。

あわせて、ビシュテンゴの素材が用いられた防具のラフ画も公開。天狗と関わりが深い「山伏」風な雰囲気ながらも、どこかモフモフとした獣っぽさが人気のビシュテンゴ防具。ラフ画でも、その特徴が感じられます。

『モンスターハンターライズ』の公式Instagramには、定期的に開発中のラフ画が投稿されています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

《ねんね太郎》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース