「G-MODEアーカイブス」シリーズ、一律500円の価格設定を見直し― 「今までが安すぎた」とファン応援

ジー・モードは、フィーチャーフォンアプリゲームを復刻するシリーズ「G-MODEアーカイブス」において、これまでの価格設定の一律500円を終了し、今後は適正価格で販売していくことを明らかにしました。

任天堂 Nintendo Switch
「G-MODEアーカイブス」シリーズ、一律500円の価格設定を見直し― 「今までが安すぎた」とファン応援
「G-MODEアーカイブス」シリーズ、一律500円の価格設定を見直し― 「今までが安すぎた」とファン応援 全 1 枚 拡大写真

ジー・モードは、フィーチャーフォンアプリゲームを復刻するシリーズ「G-MODEアーカイブス」において、これまでの価格設定の一律500円を終了し、今後は適正価格で販売していくことを明らかにしました。

「G-MODEアーカイブス」は、Steam/ニンテンドースイッチで展開しているフィーチャーフォンアプリゲームを移植するシリーズ。STG『ケツイ~絆地獄たち~DX』やRPG『ヘラクレスの栄光III 神々の沈黙』、『勇者死す。ディレクターズカット』などの名作を一律500円で販売していました。

「G-MODEアーカイブス」のプロデューサーである竹下功一氏は、「今回配信決定しました『フライハイトクラウディア4』以降、この一律500円という設定は終了とし、今後はタイトル毎に、開発にかかる時間や、タイトル内容に応じた適切な価格を設定させていただきたいと考えております。より安く沢山のタイトルをお届けできる事が理想ではあるのですが、本プロジェクト継続の為にも、何卒ご理解賜れますと幸甚です」とコメントしています。

これに関して「G-MODEアーカイブス」のファンからは「今までが安すぎた」とのリプライが届いており、これまで多くのファンから支持されていたことがわかります。

なお、シリーズ最新作となる『フライハイトクラウディア4 永遠の絆』は、ニンテンドースイッチのほか、Steamでも配信予定。今後配信時期などの続報が告知される予定です。

《真ゲマ》

真ゲマ

『ドラゴンフォース』が一番好き 真ゲマ

吉田輝和の絵日記やトイレオブザイヤー、ギャグ漫画「ヴァンパイアハンター・トド丸」、洋ゲー漫画「メガロポリス・ノックダウン・リローデッド」など、これまでゲームメディア業界に影響を与える様々な企画を立ち上げてきました。他社メディアでも活動中なので、気軽にお仕事の依頼をお願いします。 ちなみに、ユウキレイ先生が手掛ける4コマ漫画「まほろば小町ハルヒノさん」(まんがタイムで連載中)で教師役として出演中です。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

関連ニュース