『ポケモン ダイパリメイク』強化後四天王の強さが“ガチ”すぎ!? あの有名実況者がまさかの…

玄人顔負けのガチ構成にあの“先生”も大苦戦!?

任天堂 Nintendo Switch
アイコン
アイコン 全 6 枚 拡大写真

ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(ダイパリメイク)にて、ある条件を果たすと「ポケモンリーグ」の四天王がパワーアップする模様。その強さに、“あの有名ポケモン実況者”がまさかの苦戦を強いられていました。

15年の時を経て強化された四天王

本作の四天王といえば、リメイク元の『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』(ダイパ)に比べると数段強い印象。『ダイパ』の頃との大きな違いは、各四天王の手持ちポケモンが、シナジーを意識した「きのみ」や「どうぐ」を持っていることでしょう。

たとえば、虫ポケモン使いのリョウが繰り出す「ヘラクロス」は自らをやけど状態にする「かえんだま」を所持した状態で登場します。一見デメリットしかないように思える「かえんだま」ですが、実はリョウのヘラクロスの特性は状態異常時にこそ本領を発揮する「こんじょう」。これにより「こうげき」の値が1.5倍に跳ね上がるので、うかつに攻撃を受けたらひとたまりもありません。

ただでさえ強い四天王ですが、「ぜんこくずかん」入手後に挑むとさらにパワーアップした状態で挑戦者に立ちはだかる模様。なんと、全体的に手持ちのレベルが10レベル程度上がり、メンバーも、より強力なポケモンに代わってしまうのです。

そのため、生半可な気持ちで強化四天王に挑んだトレーナーが次々と返り討ちにされている模様。SNS上では、「ちょっと待てい。強化四天王強すぎるでしょ」「強化四天王とジムリーダー強すぎん?強化する前にレベル上げしとくんだった…」「強化四天王強過ぎて泣いてる」などと悲鳴の声が続出していました。

“厨ポケ狩り講座”のもこう先生が挑戦

ちなみに、有名ゲーム実況者のもこうさんも生配信中で強化四天王に挑戦。もこうさんといえば、対人戦で特に強いポケモン、通称“厨ポケ”を、あまり対戦で使用されないマイナーポケモンで倒す動画シリーズ“厨ポケ狩り講座”でお馴染みです。

その知識量と実力から親しみと敬意を込めて“先生”と呼ばれるもこうさんですが、強化四天王に対して思わぬ苦戦を強いられることに…。

まず、最初の四天王であるリョウが繰り出した「メガヤンマ」に対し、もこうさんは相性の良いひこうタイプの「ドンカラス」で対抗。ここでかなり痛手を負ったものの、ドンカラスの「つばさでうつ」が決まり、なんとかメガヤンマをノックアウトしました。

しかしここで、もこうさんは「クソ強くね?」とリョウの強さに気づきます。続く「ビークイン」を突破したところで、もこうさんの前にヘラクロスが立ちはだかりました。


  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《サワディ大塚》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース