あのトレーナーにチート疑惑? 『ポケモン』不正を疑われたポケモントレーナー3選

ズルなのか、ズルじゃないのか…。気になる不正疑惑の真相に迫ります!

任天堂 Nintendo Switch
あのトレーナーにチート疑惑? 『ポケモン』不正を疑われたポケモントレーナー3選
あのトレーナーにチート疑惑? 『ポケモン』不正を疑われたポケモントレーナー3選 全 4 枚 拡大写真

ポケットモンスター』シリーズにはジムリーダー四天王など、さまざまなポケモントレーナーが存在します。ほとんどが正々堂々と戦うトレーナーばかりですが、中には通常ではありえないポケモンを手持ちに入れているケースも…。

どうやら一部のプレイヤーの間では、「不正行為を働いているトレーナーがいる」と疑われてしまっている模様。今回はその中でも疑惑が根強い3人のトレーナーをピックアップし、疑惑を検証していきます。

『金・銀・クリスタル』のハヤト

まずは『ポケットモンスター 金・銀』にて初登場した、「キキョウジム」のジムリーダー・ハヤト。彼は「かれいなるひこうポケモンつかい」というキャッチコピーで知られており、ポッポピジョンを手持ちに入れています。

一見普通のジムリーダーなのですが、彼の手持ちポケモンをめぐって不正疑惑が浮上することに。というのも、通常ポッポがピジョンに進化するのはレベル18ですが、ハヤトのピジョンはなぜかレベル9。これに対して、「レベル9のピジョンを使う紛れもない改造厨」「ハヤトのピジョンレベルおかしいだろ!」などと訴えるプレイヤーが後を絶ちません。

しかし、ハヤトには無罪の可能性も残されています。一応、同作の殿堂入り後に訪れることができる「カントー地方」の「2ばんどうろ」などでは、レベル7のピジョンを捕まえることが可能。ハヤトのポケモンは父親から譲り受けたものですが、たんに偶然が重なっただけなのかもしれませんね。

『ダイパリメイク』のデンジ

デンジとは、『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』に登場する最後のジムリーダー。約15年の時を経てパワーアップしたトレーナーの1人ですが、それと同時に不正の疑いをかけられてしまったようです。

疑惑が浮上したのは、再戦時の手持ちに入れているサンダースの技構成がきっかけ。デンジのサンダースは、「リフレクター」を使えるのです。本来この技はレベルアップではもちろん、「わざマシン」ですら覚えることができません。

ナギサシティ」の改造に没頭するあまり、大規模な停電を起こしたデンジ。まさかポケモンにもそんな手を使ってしまったのか…と疑いたくなりますが、こちらも反論は可能です。

というのも、一応「リフレクター」は『ポケットモンスター 赤・緑』や『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』にて覚えさせられるため。ただ、現状『ダイパリメイク』では過去作のポケモンを連れてこられないため、疑いは完全には晴れませんが…。


  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《サワディ大塚》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース