「突然ですが、僕はウマ娘が大好きだ」―BOSS開発担当者の“ウマ娘愛”が話題に!

『ウマ娘』×「BOSS」コラボにて、キャンペーンサイトに掲載された「BOSS担当者の想い」が話題を集めています。

モバイル・スマートフォン iPhone
「突然ですが、僕はウマ娘が大好きだ」―BOSS開発担当者の“ウマ娘愛”が話題に!
「突然ですが、僕はウマ娘が大好きだ」―BOSS開発担当者の“ウマ娘愛”が話題に! 全 8 枚 拡大写真

本日5月16日から始まった『ウマ娘 プリティーダービー』とサントリーコーヒー「BOSS」のコラボにて、キャンペーンサイトに掲載された「BOSS担当者の想い」が話題を集めています。

今回の『ウマ娘』×「BOSS」コラボですが、実はBOSS開発担当者が以前より個人的に『ウマ娘』にどっぷりハマっており、その愛や情熱を自らの仕事につなげたい!という考えから実現。この担当者の『ウマ娘』に対する想いが、キャンペーンサイトに掲載されているのです。

突然ですが、僕はウマ娘が大好きだ。」という率直な見出しから始まるこの文章では、担当者がいかにして競馬にハマったか、そこからどうやって『ウマ娘』に出会ったかが綴られています。ただし、5月16日時点では冒頭のみ公開されており、全文は後日公開予定とのこと。

「これは遊びじゃない。市場調査だ。」というユーモアのきいた表現や、文章とは別の場所(サイト内バナー)で、推しと思われる「キングヘイロー」の魅力を早口で語るなど、『ウマ娘』への愛がありありと伝わってきます。

その他のバナー
キングヘイローを語るバナー

その内容に「公式怪文書か!?」と困惑するユーザーもいれば、溢れる情熱に「オタク、もといトレーナーの鏡だな」と感心するユーザーまで、反応はさまざま。まだまだ綴られているであろう“全文公開”に期待が高まっています。

◆「BOSS担当者の想い」掲載文

突然ですが、僕はウマ娘が大好きだ。

初めまして。私はサントリーという会社で、缶コーヒーBOSSの商品開発を担当している者です。私事で恐縮ですが、趣味は競馬で、ちょこちょこ馬券を買いはじめて6年ちょっと。競馬にハマったきっかけは、2015年12月27日日曜日の有馬記念。奇しくもゴールドシップの引退レースでした。

夕暮れ時の新宿駅。駅前の大型ビジョンを見つめる人々の歓声や悲鳴。それを目の当たりにし、私は一瞬で心を奪われました。こんなにもファンが熱くなるスポーツだったなんて。その日から私は競馬にのめり込み、週末のひとときの楽しみから、気付けば生活の一部に。競走馬の個性。それぞれの背景にある物語。受け継がれる血統。競馬は知れば知るほど奥が深く、単なるスポーツとしてではなく、自身の子供の成長を見守るかのように、レースに、そして馬に釘付けになっていき、いつしか競馬歴20年の友人にも劣らないほどの知識を身につけていました。

そんなある日。ふとある広告が、私の目に飛び込んできた。それは、広々としたターフを、馬の耳と尻尾をつけたキャラクターが激走する姿。「なんだこれは(衝撃)」。私は度肝を抜かれた。「ウマ娘 プリティーダービー」???――競馬をモチーフにしているようだが、競馬が好きだからこそ、当初は困惑しながらも、気になっている自分もいた。そしてさらに数日後。街中、電車の中、ありとあらゆる場所で、このゲームに没頭している人々を目の当たりにした。「なんだこれは(驚)」。ここまで人々が魅了されるのには、何か訳がある。「これは遊びじゃない。市場調査だ。」私は自分に言い聞かせ、ゲームをダウンロードしたのが、全ての始まりだった……。

※全文は後日公開予定


担当者の情熱から実現した『ウマ娘 プリティーダービー』×「BOSS」コラボでは、ウマ娘たちが初代から現在に至るまでの“歴代ボスジャン”を着用した、さまざまなオリジナルコラボグッズが登場。

第1弾として、オリジナル仕様の「加速スキル付きボスジャン」や「オリジナルQUOカードセット」が当たるプレゼントキャンペーンが開始しています。



《茶っプリン》

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース