『ウマ娘』声優・前田佳織里さんが“デバフネイチャ”になった!ターボ役・花井さんに襲い掛かる「ささやき」の脅威

7月27日の「ぱかライブTV Vol.19」にて、ナイスネイチャ役の声優・前田佳織里さんが「リアルでデバフネイチャになった!」と盛り上がる一幕がありました。

モバイル・スマートフォン iPhone
『ウマ娘』声優・前田佳織里さんが“デバフネイチャ”になった!ターボ役・花井さんに襲い掛かる「ささやき」の脅威
『ウマ娘』声優・前田佳織里さんが“デバフネイチャ”になった!ターボ役・花井さんに襲い掛かる「ささやき」の脅威 全 6 枚 拡大写真

7月27日に放送された『ウマ娘 プリティーダービー』の公式生放送「ぱかライブTV Vol.19」。その放送内で、ナイスネイチャ役の声優・前田佳織里さんが「リアルデバフネイチャになった!」と盛り上がる一幕がありました。

これは、バラエティコーナー「ぱかライブ障害物ステークス」で起こったこと。スタジオに用意された特設レース場(障害物コース)を使って、ウマ娘声優たちが1対1で競争するというもの。各々が手に持った「にんじんだるま(だるま落とし)」を崩さないよう、バランスを保ちながらゴールを目指します。

前田さんの対戦相手は、ツインターボ役の花井美春さん。チーム<カノープス>対決の実現に盛り上がるなか、事は起こりました。

スタート直後、お互いが「にんじんだるま」を崩すも、花井さんはすぐさま復帰。一方、前田さんは積み直すのに手こずってスタート地点で長時間足止め。その隙に花井さんはゴール手間まで進み、逆転するのは厳しい状況に。

このまま進まれると負けてしまう前田さんは、花井さんの「にんじんだるま」が崩れるのを願って「こけろこけろこけろ…」と囁き始めます。その結果、花井さんは体勢を崩し「にんじんだるま」も崩壊。前田さんに逆転の可能性が出てきたのです。

ゲーム版のナイスネイチャといえば、自前で覚えるスキルは「差しためらい」や「八方にらみ」などのデバフスキルが多め。特に「ささやき」というデバフスキルが状況にマッチしていたため、司会役の徳井青空さんは「今、前田さんの「こけろこけろ」というデバフスキルが、花井さんに届いてしまいました」と実況。コメント欄も「デバフw」「リアルささやきじゃん!」などと大盛り上がりに。

なお、勝負の結果ですが、前田さんが怒涛の追い上げを見せるも間に合わず、花井さんが逃げ切ってゴールイン。ターボエンジンの勝利に再びコメント欄が沸きます。

また、前田さんが「お馴染み3着~」ではなく2着だったことに「ブ、ブロンズコレクター脱却だ!」なんて声も。そもそも全2名の競走なので3着はないのですが、それを分かったうえでのネタコメントとして、視聴者は盛り上がることとなりました。

最後まで勝負を捨てず、持ち前のデバフスキルで逆転の可能性を引き寄せる様子はまさに「リアルデバフネイチャ」。今後も生放送のバラエティコーナーで対戦企画などがあった際、前田さんのデバフスキルが発動するかもしれません。


《茶っプリン》

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース