『パワプロ』トッププロが予想する「にじさんじ甲子園」優勝校は?対戦ガチ勢に全チーム分析と優勝チーム予想をお願いしてみた

今年の「にじさんじ甲子園」優勝の行方は如何に? 待ちきれないので、プロ選手に予想してもらいました。

その他 VTuber
『パワプロ』トッププロが予想する「にじさんじ甲子園」優勝校は?対戦ガチ勢に全チーム分析と優勝チーム予想をお願いしてみた
『パワプロ』トッププロが予想する「にじさんじ甲子園」優勝校は?対戦ガチ勢に全チーム分析と優勝チーム予想をお願いしてみた 全 15 枚 拡大写真

夏と言えば野球。今年も野球ゲーム『パワプロ』の「栄冠ナイン」モードを使用した大会「にじさんじ甲子園」の季節がやってまいりました。

ドラフトに育成、そして本戦と猛暑に負けないアツい戦いが繰り広げられるにじさんじライバーの祭典をより一層楽しむべく、今回は『パワプロ』に詳しい対戦モードのプロとして活躍したプレイヤーを招き、出場各校の戦力分析と本命予想を敢行。

「栄冠ナイン」の育成だけでなく特殊能力の効果や対戦AIにも詳しいプロの視点から、各チームの特色や試合展開を分析してもらいました。


──今日は『パワプロ』のプロプレイヤーとしての経験をお持ちの「ケーバック(@kbckchan)」さんと「ゆさ(@pawaspt_yusa)」さんのおふたりにお越しいただきました。よろしくお願いします!

ケーバック:よろしくお願いします!前回はパワフェス講座でしたが、栄冠ナインもプレイしているので楽しみです。


■関連記事ケーバックさんによる「パワフェス」モード解説はこちら

ゆさ:よろしくお願いします。推しのライバーは加賀美ハヤトさんです。

◆Aリーグは各校エースがどれだけ投げられるかに注目

──『パワプロ』のLIVEチーム機能から各校のデータをダウンロードしてきましたので、さっそく細かく能力を見ていきましょう。まずはAリーグ、レオス・ヴィンセント監督の「楽園村立まめねこ高校」ですね。

ケーバック:このチームはエースのサロメ嬢投手が強い! 特殊能力がストレートに関係するものばっかりで、全部発動したボールは打てないんじゃないかな。

──ちょっと左打者とピンチに弱いのが気になりますが。

ケーバック:確かに、条件下では能力が下がるだけでなくてスタミナの消耗が激しくなるから最後までは投げ切れないかも知れません。2番手以降の投手起用は絶対的な選手がいないから難しいですね。

スタミナSながらも、マイナス特殊能力で完投性能には不安も

ゆさ:攻撃面はそこまで強打者が並ぶわけではないけど、設定されている打順を見ると2番に「威圧感」持ちを入れてチャンスに強い打者を中軸に据える並びが良いですよね。対人勢が考えたみたい(笑)。

※特殊能力「威圧感」はひとつ前の打順から効果を発揮するため2番に据えるのが最適とされている

特殊能力が発動しやすい打順の組み方もポイントか

──やはり投手のスタミナというのはひとつのポイントになりますが、リリーフ投手のポイントはどこになるでしょう。

ケーバック:総合的な能力があまり高くなくても、よく曲がる変化球がひとつあるだけである程度抑えられる可能性はありますね。

ゆさ:「変化球中心」とか「積極盗塁」のように緑色で表示される特殊能力がオート対戦では重要で、時には悪さをしてしまうこともある印象です。

──続いてはダブルエースを並べた笹木咲監督の「パンパカパンダ高校」です。

ケーバック:先発しそうなYASHIRO投手に味方野手のパワーを底上げする「勝ち運」がついてるのは結構なアドバンテージだと思いますね。

ゆさ:ひまわり選手が「ムード〇」も持っているので、常に打線のパワーが+10されていると考えて良いですね。投手の能力を上げる「キャッチャーA」も持っていて、本当に「チームのため!」っていう選手で最高です。

ベンチにいるだけで味方のパワーを+5する「ムード〇」と、登板している間は味方のパワーを+5する「勝ち運」のコンボが成立

──投手は打球が飛びづらくなる「重い球」も持っていて、相手のパワーを抑えながら自チームのパワーは底上げする面白いチームですね。

ゆさ:試合の後半で能力が上がる「尻上がり」が発動したらかなり強いですから、それまでどれだけYASHIRO投手のスタミナを残せるかがカギですね。

──Aリーグ3チーム目は、リゼ・ヘルエスタ監督率いる「王立ヘルエスタ高校」です。

ケーバック:エースの月ノ投手が強すぎますね(笑)。総合能力が高くて「勝ち運」もあるし、「打たれ強さB」があると多少打ち込まれてもガクッと能力が下がることはないから安心。

変化の大きいフォークとスローカーブをAIが使いこなせるか

──「変化球中心」持ちですが、変化量が大きいとAIの投球ではボール球が増える可能性もありますね。

ケーバック:確かに。そうなると「四球」のマイナス特殊能力が発動して必要以上にスタミナを消費するかもですが、リリーフ投手が試合終盤で能力が大きく下がる「寸前×」を持っているのは心配ですね。尖ってるなぁ。

ゆさ:野手陣も強打者揃いで内野の守備力も高いけど、本番の球場はかなり広いクラウンスタジアムのはずだから、外野手が軒並み守備E・肩Fなのは不安かも。

ケーバック:いくら足が速くても守備力が低いと動き出しが遅くなっちゃうから、外野へのヒットは増えるかも知れないですね。総合力はかなり高いけど、試合終盤と外野守備に不安アリってことで。

──Aリーグラストの「加賀美大附属高校」は、昨年度優勝の加賀美ハヤト監督が率います。

ゆさ:ここは育成では転生プロやOBを誰も引かなかったけど、3年目に夏の甲子園優勝を成し遂げたんですよね。かなり強いと思います。

ケーバック:弾道4でパワーAのバッターが4人もいるのはやばい! それでいて守備も全体的に高いのがすごいですね。3年でこんなに強く育成できるのは栄冠ナイン上手すぎる(笑)。

この打力が6番打者に座る重厚な打線

ゆさ:控え選手で守備固めもしっかり考えてあって、リリーフも揃ってますね。小野町投手は「勝ち運」を持ってるので、打者1人だけ投げさせて次のイニングに効果を発揮させる“勝ち運継投”が出来ますよ。これは対人戦では定番ワザなので、是非やってみてしてほしいです。

野球好きとして知られる小野町春香をモデルとした選手は渋い能力に

ケーバック:エースであろうジユ投手のメイン変化球がサークルチェンジっていうのは珍しい。オート対戦でもあまり強い印象がない球種ですけど、6段階まで上げているから刺さるかも知れないですね。


  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《ハル飯田》

ハル飯田

よく遊び、よく喋る関西人 ハル飯田

1993年、大阪府生まれ。一旦は地元で公務員になったものの、ゲームが好きすぎて気付いたらフリーライターに。他メディアではeスポーツ選手や競技シーンの魅力を発信することに注力したり大会でキャスターを務めたりもするのだが、インサイド&ゲムスパではもっぱら好きなゲームについて語ることで安らかな気持ちになっている。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

関連ニュース