『原神』第4国「スメール」本格始動へ!草元素の詳細も判明した「Ver.3.0」新情報ひとまとめ

Ver.3.0「黎明を告げる千の薔薇」の発表内容をひとまとめ。いよいよ「スメール」の冒険が始まります。

ソニー PS5
『原神』第4国「スメール」本格始動へ!草元素の詳細も判明した「Ver.3.0」新情報ひとまとめ
『原神』第4国「スメール」本格始動へ!草元素の詳細も判明した「Ver.3.0」新情報ひとまとめ 全 26 枚 拡大写真

HoYoverseは2022年8月13日、PS5/PS4/スマホ/PC向けオープンワールドRPG『原神』の最新情報をお届けする番組「Ver.3.0「黎明を告げる千の薔薇」予告番組」を放送しました。

本放送では、8月24日に配信予定のVer.3.0「黎明を告げる千の薔薇」の最新情報が公開。新たに開放される草木の国「スメール」の情報を中心に、Ver.3.0での新システムやイベント情報が紹介されました。

◆Ver.3.0「黎明を告げる千の薔薇」予告PV公開

モンド、璃月、稲妻での物語を終え、ついに第4国「スメール」での冒険が開幕へ。スメールは璃月の西側、層岩巨淵から行ける国であり、草神「クラクサナリデビ」が治める“知恵の国”です。

メインストーリー・魔神任務も第三章(スメール)が開放。Ver.3.0では第一幕「煙霧のベールと暗き森を抜けて」、第二幕「黎明を告げる千の薔薇」が開放予定です。なお、スメールのメインストーリーはVer3.2まで連続で開放予定だといいます。

また、新キャラクター「ティナリ」の伝説任務「フェネックの章・第一幕」も実装予定です。

◆新キャラクターの声優発表

スメールで登場する新キャラクター「ニィロウ」「ディシア」「アルハイゼン」「ドリー」の担当声優が明らかに。ニィロウ役は金元寿子さん、ディシア役は福原綾香さん、アルハイゼン役は梅原裕一郎さん、ドリー役は金田朋子さんです。

◆新たな元素反応「開花」と「激化」の詳細判明

新たにプレイアブルとなる「草元素」について、Ver.3.0で追加される元素反応「開花」と「激化」の詳細が公開されました。

■「開花」について

「開花」は草元素×水元素で発生する元素反応です。生物が両元素の反応を受けると、周囲に「草原核」が生成。同時に存在できる草原核の数には限りがあり、上限を超えて草原核が生成された時や、継続時間が終了すると草原核が爆発。周囲に草元素範囲ダメージを与えます。

草原核はただ爆発するだけでなく、各元素を当てることで効果が変化。炎元素に接触すると「烈開花」を引き起こし、より強力な草元素範囲ダメージを与えます。雷元素に接触すると、追尾能力のある「ヴァインショット」を放ちます。

「激化」について

「激化」は草元素×雷元素で発生する元素反応です。生物が両元素の反応を受けると「原激化状態」となり、この状態で雷元素攻撃を受けると「超激化」が、草元素攻撃を受けると「草激化」が発生。その攻撃で与える雷元素ダメージ、草元素ダメージが増加します。

◆新キャラクターたちの性能公開

Ver.3.0で実装される新キャラクター「★5 ティナリ」「★4 コレイ」「★4 ドリー」のキャラクター性能が公開されました。Ver.3.0のイベント祈願では、この3人に加えて「★5 鍾離」「★5 甘雨」「★5 珊瑚宮心海」が復刻されます。

■「ティナリ」について

ティナリは初の★5草元素キャラクター。優秀な弓使いであり、狙い撃ちは2段階チャージが可能です。2段階までチャージすると「花筐の矢」を発射して、命中時に敵を自動追尾する「蔵蘊の花矢」を生成します。

元素スキルでは「識蘊の領域」を展開し、不思議な幻像が領域内にいる敵を挑発することで攻撃を引き付けます。また、次3回目まで「花筐の矢」のチャージ時間が短縮します。

元素爆発では、敵を自動追尾する「蔓纏いの矢」を大量発射し、命中後はさらに「次級・蔓纏いの矢」を生成。ティナリの重撃と元素爆発が多段ダメージを与えるようになります。

天賦効果では、ミニマップで周囲のスメール地域の特産の位置を表示させます。

■「コレイ」について

ティナリの弟子であるコレイは、師匠と同じく草元素・弓使いのキャラクター。元素スキルでは「リーフブーメラン」を投擲し、往復経路上の敵に草元素ダメージを与えます。元素爆発では「コレアンバー人形」が繰り返しジャンプし、領域内の敵に継続的に草元素範囲ダメージを与えます。

幼少期にはモンドの「アンバー」と知り合っており、彼女と同じく「滑空時の消費スタミナ軽減」の天賦効果を持っています。

■「ドリー」について

ドリーは雷元素・両手剣使いのサポーター。元素スキル「ジンニーランプ・トラブルシューター」では、敵にトラブルシューター砲を発射。命中すると追尾式の「アフターサービス弾」を2発生成します。

元素爆発「アルカサルザライの極上サービス」では、近くにいるキャラクターとリンクするランプの精を召喚し、HPと元素エネルギーを持続的に回復します。ランプの精とのリンクが敵に触れると雷元素ダメージを与えます。

◆新たな武器や聖遺物が登場

Ver.3.0で登場する新たな聖遺物や武器・鍛造武器が公開されました。新たな聖遺物は「草元素」に関連した効果があるので、上記のティナリやコレイを主戦力とする場合、大きな力になることでしょう。

◆新たな敵が登場

Ver.3.0で登場する新たな敵が公開されました。長い年月を経て進化したキノコンの王「マッシュラプトル」、急凍樹や爆炎樹と似た風貌の「迅雷樹」、遺跡守衛の新種らしき「遺跡ドレイク」を中心に、スメール地域特有の様々な敵が登場します。

◆各種イベント情報公開

Ver.3.0で開催されるイベント情報が公開。報酬で新キャラクター「コレイ」を入手できる「イノセンスの彫刻」をはじめ、特殊能力を用いて戦闘に挑む「フェーイズの論証」や「タブレットスタディー」、仙霊と宝探しをする「秘宝の行方」、育成素材をお得に入手できる「地脈の奔流」が予告されています。

◆システム面のアップデート・新アイテム登場

Ver.3.0では各種システムもパワーアップ、または効率を上げる新アイテムが登場します。

■「聖遺物廻聖」のラインナップ追加

所持している聖遺物を特定の聖遺物に変換できる「聖遺物廻聖」について、変換対象のラインナップが追加。Ver.1.2より前に実装された全★5聖遺物と変換可能になります。

■木材を集めを楽にする「王樹の加護」登場

新アイテム「王樹の加護」を使用すると、近くの木から木材を直接入手できます。いちいち木を攻撃する必要がなくなって便利に。

■食材の加工効率を上げる「実験型超熱ランプ」登場

新アイテム「実験型超熱ランプ」は、鉱物を消費することで食材の加工効率が上昇。加工に必要な時間が短縮されます。

■釣りをサポートする「釣り糸安定装置」登場

新アイテム「釣り糸安定装置」は、過去に釣り上げた魚の数に応じて、釣り糸の張力が完璧張力区間にある時、様々なアシスト効果が発動します。

◆Ver.3.0~Ver.3.2バージョンアップ間隔が調整

Ver.3.0からVer.3.2まで、バージョンアップ間隔が5週間に調整されます。これに合わせて、バージョンコンテンツの計画も調整されますが、各バージョンのコンテンツ量を減らすことはないとのこと。また、Ver.3.0からVer.3.2まで、紀行システムのレベルアップに必要な経験値も900に調整されます。


Ver.3.0の新情報発表にあわせて、3つのシリアルコードも公開されました。原石×100・仕上げ用魔鉱×10を貰える「8ANCKTWYVRD5」、 原石×100・大英雄の経験×5を貰える「EA7VKTFHU9VR」、原石×100・モラ×50000を貰える「KT7DKSFGCRWD」です。期限は8月14日13時00分までなので、使用はお早めに。

『原神』のVer.3.0「黎明を告げる千の薔薇」は8月24日に配信予定です。

《茶っプリン》

茶っプリン

ゲームライター 茶っプリン

「ゲームの新情報を一番に知りたい、そして色んな人に広めたい」そんな思いからゲームライターに。インサイドではニュースライター、時々特集ライターとして活動。関係者、ユーザーから生まれるネットブームにも興味あり。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース