『FGO』配布サーヴァントで振り返る2018年!コラボイベントが初復刻、再加入でレアプリゲットなど気になる展開が相次ぐ─2019年の展開も大胆予想【特集】

多彩な展開を見せる『Fate』シリーズに名を連ね、2015年にスタートしたiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。

その他 特集
『FGO』配布サーヴァントで振り返る2018年!コラボイベントが初復刻、再加入でレアプリゲットなど気になる展開が相次ぐ─2019年の展開も大胆予想【特集】
『FGO』配布サーヴァントで振り返る2018年!コラボイベントが初復刻、再加入でレアプリゲットなど気になる展開が相次ぐ─2019年の展開も大胆予想【特集】 全 20 枚 拡大写真

◆復刻イベントで配布サーヴァントを再入手すると、レアプリがもらえるように!



概念礼装や魔術礼装など、様々なアイテムの交換に必要なレアプリズム。このアイテムを入手するには、★4以上のサーヴァントを変還するしかありませんでした。戦力が充分に揃っていたり、すでに宝具が5LVに達していれば、レアプリズムへの交換もしやすいもの。しかし、手元の戦力が揃うまでは、★4以上のサーヴァントを手放す勇気はなかなか持てません。

ところが、11月に実施した復刻版のクリスマスイベントに合わせてアップデートが行われ、復刻イベントで配布されるサーヴァントがすでに加入している場合、再加入(累計6枚目以降)と同時にレアプリズムがもらえるようになりました。配布サーヴァントは、そのイベントだけで宝具LVを5まで上げられるので、5騎分の入手が可能。そのたびにレアプリズムがもらえるので、ひとつの復刻イベントで最大5つのレアプリズムが手に入ります。


湯水のように手に入るわけではありませんが、これまで手持ちのサーヴァントを手放さなければならなかった状況を踏まえると、格段に入手しやすい機会が増えた形となりました。これまでレアプリズムと無縁だったプレイヤーも、この機会に新たな概念礼装などを手に入れたことでしょう。

■レアプリズムの使い方が広がる…かも?
多くのプレイヤーがレアプリズムを入手しやすくなったので、レアプリズムの使用用途が増える可能性もあります。シンプルに交換対象のアイテムが増えるかもしれませんし、過去のイベントで配布されたサーヴァントたちがレアプリズムで交換できるのかもしれません。


また、配布サーヴァントの入手でレアプリズムをゲット=イベント経験済みのプレイヤーにとってもメリットがある、という形になったので、期間限定イベントの再復刻──つまり、三度目のイベント実施という線もゼロではないでしょう。あくまで希望的な予想ですが、敢えて悲観的になる理由もないので、前向きな未来を期待しておくのも一興です。



単体攻撃の宝具持ちキャスターが登場! あと残っているのは…
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1