『FGO』配布サーヴァントで振り返る2018年!コラボイベントが初復刻、再加入でレアプリゲットなど気になる展開が相次ぐ─2019年の展開も大胆予想【特集】

多彩な展開を見せる『Fate』シリーズに名を連ね、2015年にスタートしたiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。

その他 特集
『FGO』配布サーヴァントで振り返る2018年!コラボイベントが初復刻、再加入でレアプリゲットなど気になる展開が相次ぐ─2019年の展開も大胆予想【特集】
『FGO』配布サーヴァントで振り返る2018年!コラボイベントが初復刻、再加入でレアプリゲットなど気になる展開が相次ぐ─2019年の展開も大胆予想【特集】 全 20 枚 拡大写真

◆EXクラスの配布サーヴァントも増加中。2018年にはルーラーが登場!



基本の7クラスとは一味違う立ち回りや戦略を可能とするEXクラス。パートナーであるシールダーのマシュ・キリエライトをはじめ、こちらも様々なサーヴァントたちが揃っています。各クラスの特徴がバトルの難所で刺さることもり、「いてくれてよかった」と思うこともしばしば。

基本7クラスと比べると、EXクラスに属するイベント配布サーヴァントはごく一部。これまでは、「★4 BB」と「メカエリチャン(II号機含む)」のみ。クラスで言えば、ムーンキャンサーとアルターエゴだけでした。


ですが、今年のクリスマスイベント「ホーリー・サンバ・ナイト ~雪降る遺跡と少女騎士~」で新たに、「ケツァル・コアトル〔サンバ/サンタ〕」が配布サーヴァントとして登場。クラスは、多くの相手に対して打たれ強いルーラー。スターの生成や集中に関するスキルを持っているので、自身がアタッカーになったり、仲間のアタッカーを支援することができます。彼女の加入で初めてルーラーをゲットできた、というマスターも少なくなさそうです。

■未配布のEXクラスサーヴァントは、あと2タイプ! 2019年にどちらか来て欲しい…!

一人しかいないシールダーは別格として、今年ルーラーが加入したことで配布サーヴァントだけでEXの3クラスが揃う形に。残ったクラスは、アヴェンジャーとフォーリナーのみ。こうなると、「どちらかは2019年に配布されるかも?」と期待したくなります。

今回ルーラーが配布されたことで、「これからのメインシナリオで、ムーンキャンサーが敵として登場するのでは?」と予測する方もいました。その流れで考えると、ルーラーやバーサーカーが敵として登場する直前のイベントで、アヴェンジャーなりフォーリナーなりのサーヴァントが配布されるかもしれません。


これだけでは予想に予想を重ねただけですが、新たなバーサーカーが第2部に参戦するのは既に判明しています。キャラクターデザインをpako氏が手がけ、ボイスを島崎信長さん(※「崎」は、正しくは山へんに「竒」)が担当する新バーサーカーの登場に先駆け、フォーリナーが配布サーヴァントとして登場する…といった未来があるかも?

ただし、この映像シリーズでお披露目されたサーヴァントたちが全員敵に回るのかといえば、そうではありません。新バーサーカーが敵ではなく、マスターたちを助ける役柄だとすれば、敵対しない=フォーリナーを事前に用意する必要がないので、この楽観的な期待は大外れとなります。とはいえ、夢を見るのは自由です。ならば、希望の大風呂敷を広げて朗報を待つのも一興でしょう。



配布の新サーヴァントに、怪しい動きが…?
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1