『FGO』配布サーヴァントで振り返る2018年!コラボイベントが初復刻、再加入でレアプリゲットなど気になる展開が相次ぐ─2019年の展開も大胆予想【特集】

多彩な展開を見せる『Fate』シリーズに名を連ね、2015年にスタートしたiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。

その他 特集
『FGO』配布サーヴァントで振り返る2018年!コラボイベントが初復刻、再加入でレアプリゲットなど気になる展開が相次ぐ─2019年の展開も大胆予想【特集】
『FGO』配布サーヴァントで振り返る2018年!コラボイベントが初復刻、再加入でレアプリゲットなど気になる展開が相次ぐ─2019年の展開も大胆予想【特集】 全 20 枚 拡大写真

多彩な展開を見せる『Fate』シリーズに名を連ね、2015年にスタートしたiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。

焼却された人類史を取り戻す旅路は2016年末に終わりを告げましたが、4つの物語で構成された1.5部を経て、2017年末には第2部の序章が幕開けするなど、目の離せない展開が続きます。


そして2018年4月に、待望の第2部 第1章が開始。以降、第2章、第3章と、2018年だけで3つの異聞帯を駆け巡る戦いに立ち向かいました。また、2018年を彩ったのはメインストーリーだけではありません。季節ごとの新イベントや様々な催しが『FGO』を彩ります。

イベントで特に気になるのは、各イベントで条件を満たすことで加入する新サーヴァントたち。召喚では手に入らないので、区別するために「配布サーヴァント」と呼ばれることが多い彼らも、『FGO』を語る上で欠かせない存在です。

今回は、そんな配布サーヴァントたちを軸に据えた視点から、2018年を振り返り&2019年の展開を予想してみたいと思います。あくまで筆者個人の予想に過ぎないので、ひとつの可能性程度で受け止めていただければ幸いです。また、「自分ならこう思う」といった予想がある方は、SNSなどで発信してみてはいかがでしょうか。『FGO』を楽しむ様々なプレイヤーが、それぞれの予想を比べてみるのも面白そうです。

◆コラボイベントが復刻! 両儀式(アサシン)加入のチャンスが再び



『FGO』で行われた期間限定イベントの多くは、翌年もしくはそれ以降に復刻されることが多くありました。しかし、TYPE-MOON関連作品とコラボレーションした各イベントについては、2017年まで復刻の機会はないままでした。

しかし、2016年に行われたコラボイベント「空の境界/the Garden of Order」が、2018年2月に「復刻版:空の境界/the Garden of Order -Revival-」として再登場。もちろん、このイベントで配布された「両儀式(アサシン)」を仲間に加えることもできます。


プレイヤーの召喚運にもよりますが、アサシンのアタッカーは比較的乏しくなりがち。ジャック・ザ・リッパーや“山の翁”といった、優秀な単体攻撃宝具持ちのサーヴァントがいないカルデアならば、両儀式(アサシン)は貴重なアタッカーとして活躍してくれます。そのため、この復刻で戦力を増強出来た方も少なくないのでは。もちろん、一回目のイベントを逃してしまった「空の境界」ファンにとっても、待望の機会となりました。


また、今年の9月には「Fate/Accel Zero Order」も復刻。このイベントで入手できる「アイリスフィール〔天の衣〕」は回復方面に特化しており、他の代わりを見つけるのが難しいサーヴァントです。『FGO』では回復役の出番は少なめですが、敵の構成と編成次第では重要な役どころになる場合も。状況対応力を上げる意味でも嬉しい復刻でした。

■2019年は、コラボイベントが更に復刻するかも

今後もコラボイベントの復刻が行われるかどうかは未定ですが、前例が出来たのは大きなポイントと言えるでしょう。まだ復刻されていないコラボイベントは、今年行われた「Apocrypha/Inheritance of Glory」を除けば、「魔法少女紀行~プリズマ・コーズ~」と「深海電脳楽土 SE.RA.PH」の2つのみ。

いずれも根強いファンがいるので、これらのコラボイベントが復刻されたら嬉しい方も多いのでは。あくまで可能性の話ですが、上記2つのコラボイベントを体験していない方は、朗報の訪れに期待しましょう。


また、コラボ復刻だけでなく、新たなコラボイベントもあるかもしれません。『FGO』はこれまで、5月前後にコラボイベントを実施してきました(2016年「Fate/Accel Zero Order」、2017年「深海電脳楽土 SE.RA.PH」、2018年「Apocrypha/Inheritance of Glory」)。“これまで”が“これから”を保証するわけではありませんが、可能性そのものは充分あると言えそうです。



配布サーヴァントが再加入すると、嬉しい特典が…!
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース