任天堂のキャラクター、今と昔で見た目がぜんぜん違う!?マリオやカービィの歴史を画像で振り返る

任天堂キャラクターの今と昔を振り返ります。

任天堂 その他
任天堂のキャラクター、今と昔で見た目がぜんぜん違う!?マリオやカービィの歴史を画像で振り返る
任天堂のキャラクター、今と昔で見た目がぜんぜん違う!?マリオやカービィの歴史を画像で振り返る 全 16 枚 拡大写真

◆キノピオ


昔:『スーパーマリオブラザーズ』 今:『進め!キノピオ隊長』

ピーチやデイジーは実物(?)とドット絵がだいぶかけ離れていましたが、キノピオは昔からそこまで変わりないかもしれません。『スーパーマリオUSA』などでプレイアブルキャラクターになり、今では『進め!キノピオ隊長』などで主役を務める立場になりました。

◆カービィ


昔:『星のカービィ』パッケージ 今:『星のカービィ スターアライズ』

「君、本当にあの時のカービィ?」と言いたくなってしまうほど顔が変わったのがカービィです。最初は顔のパーツが中央に寄りまくっていましたが、今では目も大きくなりすっかりかわいらしく……。もはや別人(別ぽよ)と言いたくなるくらい変わりました。

◆リンク


昔:『ゼルダの伝説』 今:『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』

『ゼルダの伝説』シリーズのリンクは作品によって容姿が変わる(別人であることが多い)ため、単純に昔と今を比較しても仕方がないかもしれません。とはいえ、ドット絵のかわいらしい姿と見比べるとずいぶんカッコよくなりましたよね。

◆ピカチュウ


昔:『ポケットモンスター緑』 今:『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』

カービィと同じくらい別人(別ポケモン)になったキャラクターといえば、ピカチュウではないでしょうか。昔はずんぐりむっくりなねずみらしかったのですが、今ではだいぶスマート、さらに可愛くなりました。かつては声も電子音だったわけですが、今はゲームも大谷育江さんのボイスに。マスコット系キャラクターほど変化が激しいのかもしれません。

◆サムス


昔:『メトロイド』 今:『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』

『メトロイド』シリーズの主人公であるサムス・アランは技術の進歩が理解しやすい見た目をしているのではないでしょうか。なんといってもパワードスーツの細部まで表現されているのでめちゃくちゃクール! 音響技術も向上しているので、ビーム音なんかも昔と今ではぜんぜん違いますね。

次のページ:サムス(中身)は顔がまったく違う!
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 続きを読む

《すしし》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース