『スプラトゥーン2』Ver.4.9.0の変更点を画像や動画で比較!スフィアやハイプレが弱体化

『スプラトゥーン2』新Verがどのように変わったか、比較画像や動画でわかりやすくお伝えします。

任天堂 Nintendo Switch
『スプラトゥーン2』Ver.4.9.0の変更点を画像や動画で比較!スフィアやハイプレが弱体化
『スプラトゥーン2』Ver.4.9.0の変更点を画像や動画で比較!スフィアやハイプレが弱体化 全 9 枚 拡大写真

2019年6月26日より『スプラトゥーン2』でVer.4.9.0が配信されました。今回のアップデートはバランス調整が行われており、強いとされるブキやスペシャルウェポンがいろいろと変化しています。

ひとまずこれでいま注目されているブキは落ち着くと思うので、今後はまた流行が変わるでしょう。何がどう変わったのか、具体的に比較しつつ見ていきます。

■関連記事

◆キャンピングシェルターのカサが柔らかく



更新データの詳細を見るとすぐに気づくのが、キャンピングシェルター系のカサの耐久度が下がったということ。厳密にいえば、一部ブキのキャンピングシェルター系のカサに対する攻撃力があがりました。

ボールドマーカー系、わかばシューター系、スプラローラー系、スパッタリー系など、基本的に短射程がカサを壊しやすくなったということです。これらブキはキャンピングシェルターを相手にする時の立ち回りが変わるかも。

◆.52ガロン系の足元塗り



.52ガロン系はたまに発生する足元塗りの半径が約4%増えました。ちょっとだけ動きやすくなりそうです。

◆.96ガロン系の地上ブレ減少



.96ガロン系は地上射撃時のブレが約8%減少。見比べてもわかりづらいかもしれませんが、スプラシューターがメイン性能アップのギアをメイン1積んだくらいには効果があるようです。

◆エクスプロッシャーの高台撃ち



エクスプロッシャーは高所から遠くに攻撃した際、塗り半径が最大で約9%小さくなるようになりました。高台から撃っても通常の射程範囲内であればこれは発生しません。

タチウオパーキングのような高低差の高いステージではこれが発生しやすいです。上記画像では左が通常撃ち、右が高台からのジャンプ撃ちとなります。

次のページ:クーゲルシュライバーやハイパープレッサーは大きめな調整が実施
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《すしし》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1