『スーパーマリオメーカー2』あるある12選!コース作りの定番や復活して欲しい要素などをピックアップ

『スーパーマリオメーカー2』を遊んでいるとこんなことを思うかもしれません。あなたはいくつ当てはまりましたか?

任天堂 Nintendo Switch
『スーパーマリオメーカー2』あるある12選!コース作りの定番や復活して欲しい要素などをピックアップ
『スーパーマリオメーカー2』あるある12選!コース作りの定番や復活して欲しい要素などをピックアップ 全 13 枚 拡大写真

マリオのコースを自由に作って遊べる『スーパーマリオメーカー2』、楽しんでいますか? 作るのはもちろん、遊ぶだけでもかなり楽しめる本作にもやはり“あるある”はたくさん存在します。

今回の特集記事では12種類のあるあるをお届け。コースを作るときのあるある、4人対戦をしているときのあるある、ひどいコースに出会ってしまった時のあるあるなどをお楽しみください。

■関連記事

◆1.思ったよりコースを作るのに悩む



地形や敵キャラなどを自由に配置すれば、あっという間にコースは完成します。けれども、思ったようなコースを作るのは意外と大変ですし、「具体的にどうしたらいいのかな?」と悩む人もけっこういるはず。

とはいえ、最初は誰もが同じように悩むはずです。ヤマムラ道場に通い、いくつもコースを作っていけばいずれ成長していくでしょう。

◆2.難しいコースを作ったらなかなかクリアできない



せっかくコースを作るなら「簡単にクリアされたくない!」と思うのが人情です。そして敵や罠を配置しまくり完成したコースのクリアチェックをしようとすると……、なかなかクリアできない!

こんな経験をした人もけっこういるのではないでしょうか。『スーパーマリオメーカー』シリーズは自分でクリアしないとインターネット上に公開できないので、注意が必要です。

◆3.簡単なコースにしたと思ったら意外とクリア率が低い



「難しいコースはいろいろあるし、気軽に遊べるコースを作ろう!」と思う人もけっこういるはず。しかし作り手側が「こんなもんだろう」と思った仕掛けが意外と難所になったりするのです。

ぬるめにしてもクリア率25%、かなり簡単にしてもクリア率50%程度で収まったり、“クリア率が高いコース”というものの難しさを感じることが多いかもしれません。

◆4.予想しなかった詰みが発生する



いろいろなギミックを用意しているコースは楽しいですよね。でも、ギミックに凝りすぎると、クリアできなくなってしまう“詰み”が発生する可能性も上昇します。

テストプレイでは大丈夫だったけれども、プレイヤーが想定外の行動をして詰んでしまう! というのはこういうゲームではしばしばあること。それもまた勉強になるのです。

次のページ:地味だけどすごい公式コースや、対戦モードで遭遇するあるある!
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《すしし》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1