『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』主人公たちの強さは新たな次元へ…更なるクラスチェンジ「クラス4」が登場!

オリジナル版では「クラス3」までだった「クラスチェンジ」に、更なる強化先の「クラス4」が追加されます!

任天堂 Nintendo Switch
『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』主人公たちの強さは新たな次元へ…更なるクラスチェンジ「クラス4」が登場!
『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』主人公たちの強さは新たな次元へ…更なるクラスチェンジ「クラス4」が登場! 全 19 枚 拡大写真

スクウェア・エニックスは、1995年発売の『聖剣伝説3』をフルリメイクしたニンテンドースイッチ/PS4/Steam対応アクションRPG『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』に関して、新要素「クラス4」の情報を公開しました。

レベルアップとは別に用意されたキャラクターの強化要素「クラスチェンジ」ですが、『聖剣伝説3』の頃は「クラス3」までしかありませんでした。リメイク版では、そこに更なる強化先の「クラス4」が追加されます。

「クラス4」になる方法は、これまた新要素となる「新エピソード」が関係。エンディングを迎えた後に体験できる「新エピソード」では、物語の冒険終盤――フォルセナの図書館で“ある人物”からのメッセージを発見するところまで時間が遡ります。

メッセージによって「クラス4」の存在を知った主人公たちは、クラスチェンジをするために“それぞれのゆかりの地”へ向かい、新たな試練に挑むとのこと。なお、「クラス4」も光と闇の2タイプが用意されており、見た目の変化はもちろん、固有の武器や特殊攻撃が登場します。

デュランは、光が「セイヴァー」、闇が「ベルセルク」。画像は「セイヴァー」です。

アンジェラは、光が「ウィッチクィーン」、闇が「スペルキャスター」。画像は「スペルキャスター」です。

ケヴィンは、光が「ビーストキング」、闇が「デストロイヤー」。画像は「デストロイヤー」です。

シャルロットは、光が「ハイプリーステス」、闇が「カオスメイカー」。画像は「ハイプリーステス」です。

ホークアイは、光が「スプリガン」、闇が「アヴェンジャー」。画像は「アヴェンジャー」です。

リースは、光が「ミーティア」、闇が「フレースヴェルグ」。画像は「フレースヴェルグ」です。

また、「クラス4」も関わる「新エピソード」をプレイし終えたセーブデータがある場合、ルク、通常のアイテム、リンクアビリティなど一部データを引き継いだ状態で最初からプレイできる「強くてニューゲーム」が選択可能になります。

主人公や仲間に選んで新エピソードまでをクリアしたキャラクターは、次回以降、クリア時のレベルが引き継がれますので、周回プレイでより多くのエピソードを体験するためにも、役立つこと間違いなし。


これらに加え、もう1つの新要素として「サボテン君を探そう!」も登場。世界のどこかに隠れたシリーズお馴染みのキャラクター「サボテン君」を見つけ出すというコンテンツで、見つけた数に応じて冒険を有利にする特典が入手できます。




『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』は、2020年4月24日発売予定(Steam版は2020年4月25日)。希望小売価格は、通常版が5,980円+税、コレクターズエディションが17,980円+税です。

(C) 1995, 2020 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

《茶っプリン》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース