『あつまれ どうぶつの森』今月を逃すと再登場は来年! 8月にはいなくなる生物3種の出現場所・入手方法を紹介

新要素「海の幸」にも生息時期は設定されているのでご注意を。

任天堂 Nintendo Switch
『あつまれ どうぶつの森』今月を逃すと再登場は来年! 8月にはいなくなる生物3種の出現場所・入手方法を紹介
『あつまれ どうぶつの森』今月を逃すと再登場は来年! 8月にはいなくなる生物3種の出現場所・入手方法を紹介 全 4 枚 拡大写真

ニンテンドースイッチ対応ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、月が変わるごとに新たな虫や魚、海の幸が登場するのですが、それに伴って出現しなくなる虫や魚、海の幸もいます。

あと数日で終わる7月にも、そのパターンに当てはまる生物が3種類存在。8月になればもう入手はできないので、できれば今月中に入手しておきたいところです。そこで本記事では、8月から出現しなくなる3種類の生物をピックアップすると共に、その出現場所や時間、入手方法などを紹介します。

※本記事は、北半球の気候を前提とした内容になります。

ミツバチ



7月から出現しなくなる生物は虫、魚、海の幸でそれぞれ1種類ずつおり、虫の中では「ミツバチ」が該当します。次に登場するのは3月なので、今月を逃すと来年まで入手できません。出現頻度は高く、8:00~17:00にかけて花の周りを飛んでいたり、花にとまっていたりします(※雨の場合は出現しません)。

ちなみに、木を揺らすと落ちてくる「ハチの巣」から出てくるのは「ハチ」であり、ミツバチではありませんのでご注意を。

オタマジャクシ



魚からは「オタマジャクシ」が出現しなくなります。ミツバチと同じく次の登場は3月なので、今月を逃すと来年まで入手できません。ミツバチとセットで何としても入手しておきたい生物です。

幸いオタマジャクシは24時間出現するうえ出現頻度も高め。池で極小サイズの魚影として出現します。ミツバチの出現する8:00~17:00にあわせて、一緒に探してみるといいでしょう。

ワカメ



7月から登場した新要素「海の幸」にも、生息時期や出現する時間帯が設定されています。その中で8月から出現しなくなるのは「ワカメ」です。といっても、1年を通して出現しないのは8月~9月だけ。10月になれば再び登場しますので、今月を逃しても焦る必要はありません。

24時間出現するうえ出現頻度も高めなので、素潜りを繰り返していればすぐに入手できると思います。



8月になると出現しなくなる生物は上記の3種類になります。ミツバチとオタマジャクシは再登場が来年なので、何としても入手しておきたいところ。幸い出場頻度は高いので、時間を見つけて挑んでみることをオススメします。

なお、いなくなる生物もいれば、新たに登場する生物がいるのも『あつまれ どうぶつの森』です。まだ見ぬ生物を寄贈すれば博物館が盛り上がることも間違いなし。8月に訪れる新たな出会いを楽しみに待ちましょう。

《茶っプリン》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース