“ニーサン”黒田勇樹さん結婚おめでとう企画!小川満鈴と語るレトロトーク!スーファミ『魔法陣グルグル』編

「良いオファーだ。感動的だな、だが無意味だ」とは言わずにコラボしてくれた黒田勇樹さんと語る「魔法陣グルグル」!

任天堂 その他
“ニーサン”黒田勇樹さん結婚おめでとう企画!小川満鈴と語るレトロトーク!スーファミ『魔法陣グルグル』編
“ニーサン”黒田勇樹さん結婚おめでとう企画!小川満鈴と語るレトロトーク!スーファミ『魔法陣グルグル』編 全 7 枚 拡大写真
 
俳優の黒田勇樹さんは私同様、なかなかのアニメや漫画、ゲームのオタであり、かなりの共通項があります。今回はそんな黒田さんと一緒に、思い出を語りながらゲームを紹介していきます!

そんな黒田のニーサンがなんと結婚を発表しました!(私とではないですッ)その辺のお話もしながら今回は、『魔法陣グルグル』について対談していこうと思います。

【プロフィール】
黒田勇樹:俳優、東京都出身。1982年生まれ。1歳からモデルとして活躍し、6歳でNHK大河ドラマ『武田信玄』にて俳優デビュー。8歳で帝国劇場のミュージカル『オリバー!』に、2,792倍の倍率を超え最年少主役として抜擢。1998年、山田洋次監督の『学校III』では「小島富美男」役として主演し、数々の新人賞を受賞。

2009年、『仮面ライダーディケイド』では仮面ライダーグレイブに変身する「海東純一」役で出演。作中で「いい台詞だ。感動的だな。だが無意味だ」と爽やかに述べた後、無言で腹パンする姿がネット上で大きな話題に。

2010年に俳優業を引退するものの2014年に復帰。現在は映画やドラマ監督、舞台の脚本演出等で活躍中。

小川満鈴(以下 おがわん):まずはご結婚おめでとうございます!

黒田勇樹(以下 兄さん):お、ありがとう!なんかニュースとかにもなっちゃって……。ありがたいけどね。

おがわん:奥様との馴れ初めとか聞きたいな~(笑)。

兄さん:まあ、それはさ、ここはすごいマニアックな素敵な読者が読んでくれている所だから興味ないんじゃない?

おがわん:そうかなあ、私は聞きたいけれど……。

兄さん:お芝居の共演…ごにょごにょ…やっぱ恥ずかしいわ!それよりさ、いつものオタ話しようよ!(笑)


おがわん:そうですね!今回のお題は、「魔法陣グルグル」なのです!ご存じでしょうか?

兄さん:懐かし!妻もグルグル好きよ!懐かしすぎて「キタキタおやじ」になりそうだよ。

おがわん:さすが、知ってますね~。

兄さん:そりゃそうだよ、確かスーファミのソフトも出てなかったっけ?

おがわん:ニーサン、ビンゴです!そうなんです、今回、最初にお見せしたいのがそのスーファミのソフトでした。

兄さん:いいねえ、スーファミはマジで青春そのものだし。

おがわん:いいなあ、私もその時代に生まれたかった。

兄さん:いい時代だよね、今のスマホのゲームも楽しいけれど、据え置きのゲーム機ってすごい魅力があると思う。

おがわん:このソフトはやったことありますか?


兄さん:気にはなっていたんだけど、プレイしたことは実はないんだよね……どういうゲームなの?

おがわん:RPGなんですが、入るたびにダンジョンの形が変わるローグライクっぽい要素もあります。

兄さん:あ、つまりは『トルネコの大冒険』って感じだね。

おがわん:ですです!

兄さん:それなら興味あるわ~。やってみたいな。

おがわん:13本建っている塔を攻略していくのですが、ずっと塔の中なので結構閉塞感がすごい……。


兄さん:画面見たけど、確かにちょっと暗い……(笑)でも「魔法陣グルグル」の世界観は表現されているんだよね。

おがわん:そうですね。プレイヤーはククリのみを操作して、ニケは勝手に付いてきてくれます。戦闘になれば、ちゃんとグルグルも使えますよ。


兄さん:やばい、これは結構ハマりそうだな。『シレン』から始まり、『トルネコ』『チョコボ』『ヤンガス』とか好きだったから。ジャンルは違うけど、『FFT』とか『カルドセプト』とかも。そういう“やり込める系”は大好き!そして何よりグルグル自体がまだ歌も唄えるぐらい好き!

おがわん:キャラゲーって結構アレな作品が多いと言われていますが、この作品は結構練り込まれている感じがします。

兄さん:妻に相談して、本体買うわ(笑)。

おがわん:結構ちょいちょい奥さんの話題挟んでるじゃないですか!

兄さん:だって嬉しいんだもん!ほら、他にもなんかあるんだよね?

おがわん:そして今回のゲームではないレトログッズの紹介なのですが、こちらも「魔法陣グルグル」がテーマです。

兄さん:おがわん、どんだけレトログッズ収集してるのよ(笑)。見せて見せて。


おがわん:「魔法陣グルグル」のブロマイドというやつなのです。

兄さん:ブロマイド?アイドルとかのみたいな?


おがわん:ですね、感覚的にはカードダスに近いかも。数値とかが書いてあって。

兄さん:ああその単語も懐かしい!カードダス!「SDガンダム」とか「ドラゴンボール」とかめちゃくちゃ集めた思い出があるよ。「ビックリマン」世代だから収集癖は植え付けられてたし、それが遊びに使えるものになるという!

おがわん:いい時代!(笑)

兄さん:本当に平和で、そういうおもちゃとかが楽しかった時代なんだよね。これ、もちろん郷愁的な部分も入っているだろうけど、そう感じる。今は、グッズ展開前提で作られるコンテンツも多いからね。あの時代はそれこそキャラゲー以外にもオモチャの当たりハズレは多いわ、ネットもないから変なの買って友達に笑われるわで。でもそういうのが、コミュニケーションになってたなぁ。

おがわん:この連載、ニーサン的にどうですか?楽しんでもらえていますでしょうか?

兄さん:お世辞抜きでマジで楽しい。記憶を呼び戻してくれつつ知らない文化とかを教えてもらってる感じもするし、自分の知っていることは教えてあげたいし。

おがわん:良かったです!これからもよろしくお願いいたします。そして何よりも、ご結婚おめでとうございます!

兄さん:ありがとう!離婚したらごめんね(笑)

おがわん:(笑)お本当にお幸せに!

【関連記事】
さくらちゃんのブルマが眩しいよ!ドリキャスの『カードキャプターさくら』を元モーニング娘。小川麻琴×小川満鈴の“ダブル小川”で語る!
ちなみに、こちらが私が個人でやっているセーラームーンを中心としたグッズコレクションのサイトです。よろしければご覧くださいませ!

美少女戦士セーラームーン グッズコレクション
http://ogawansailormoon.versus.jp/ogwansailormoon/sailormoontop.html

■著者紹介:小川満鈴

恋愛関係から昭和のレトログッズまで幅広く、しかもそれぞれマニアックに語って書ける女性ライター。日本一のセーラームーングッズコレクターでもある。

美少女戦士セーラームーン グッズコレクション

《小川満鈴》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース