『原神』消えゆく「金リンゴ群島」を惜しむ声―各々が「いつかまた行きたい」「素敵な夏をありがとう」とお別れ

『原神』の期間限定エリア「金リンゴ群島」が、本日7月21日をもって削除。これに対し、ユーザーから別れを惜しむ声が上がっています。

ソニー PS5
『原神』消えゆく「金リンゴ群島」を惜しむ声―各々が「いつかまた行きたい」「素敵な夏をありがとう」とお別れ
『原神』消えゆく「金リンゴ群島」を惜しむ声―各々が「いつかまた行きたい」「素敵な夏をありがとう」とお別れ 全 3 枚 拡大写真

オープンワールドRPG『原神』の期間限定エリア「金リンゴ群島」が、本日2021年7月21日(水)をもって削除されました。これに対し、ユーザーから別れを惜しむ声が上がっています。

金リンゴ群島は、Ver.1.6テーマイベントに伴う期間限定エリアとして登場。広大なフィールドをはじめ、数多くの謎解きや探索要素、メインキャラの繰り広げるイベントストーリーなど、大ボリュームの体験を楽しませてくれました。そのクオリティに「これで期間限定エリア!?このまま追加しようよ!」と思った人も多いと思います。

今回の削除に対し、Twitter上ではスクリーンショットとともに、島での思い出を振り返るのが流行。「金リンゴ群島楽しかったです。いつかまた行けたらなって思います!」や「愛してっぞ、金リンゴ群島。素敵な夏をありがとう」など、各々が別れを伝えています。

中には「金リンゴ群島なくなってる(泣)」や「金リンゴ群島、期間限定とは言わず、ずっと実装したままでいいのに」など、削除を惜しむ声も。探索を終えたとしても、常夏を思わせるエリアデザインは散歩しているだけで楽しいものがありました。もう行けないのは、やはり寂しいものがありますね。

いまだ復刻イベントの類はないものの、いつか再登場して欲しい金リンゴ群島。来年の夏頃など、また行ける機会ができるのを望むばかりです。


《茶っプリン》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース