『パワポケR』異例の“CERO:B”にファン動揺―「時代が変わった」「むしろBに収まるのが凄い」などの声

これまで「CERO:A」で展開されてきた『パワポケ』シリーズですが、最新作でついに「CERO:B」となりました。シリーズファンからは動揺の声が上がっています。

任天堂 Nintendo Switch
『パワポケR』異例の“CERO:B”にファン動揺―「時代が変わった」「むしろBに収まるのが凄い」などの声
『パワポケR』異例の“CERO:B”にファン動揺―「時代が変わった」「むしろBに収まるのが凄い」などの声 全 2 枚 拡大写真

ニンテンドースイッチ向け野球バラエティゲーム『パワプロクンポケットR』のCEROレーティング(対象年齢区分)が「B(12歳以上)」となり、ファンの間で話題を集めています。

本作は、本家『パワフルプロ野球』シリーズとはひと味違う、独特なシナリオやミニゲームが特徴的な『パワプロポケット』シリーズの最新作。ひと味違うと言いつつ、実際はキャラクターが亡くなったり、恋愛イベントにアダルト要素や鬱展開が待っていたりと、本家とは似ても似つかない“ハードでフリーダムなシナリオ”が展開されてきました。

もちろん普通のシナリオもありますが、得てして「野球をあまりしない」ことで有名。とにもかくにもツッコミどころの多い作品なのです。

そんな本シリーズですが、これまでは「CERO:A(全年齢向け)」で展開されてきました。プレイ経験者なら「いやいや、C~Dぐらいあるでしょ」と思うかもしれませんが、問答無用のAでした。

それが最新作『パワプロクンポケットR』にて、異例のBにアップ。前作発売が10年前ということもあり、ファンからは「時代が変わったんやなぁ」や「ついに許されなかったか」などの反応が。中には「むしろBで収まってるのが凄い」や「逆にパワポケらしさが出そうで安心した」なんて声もあります。

本作のサクセスには、『初代』と『2』をベースにした3つのシナリオ「極悪久高校編」「ドリルモグラーズ編」「戦争編」を収録。果たして“パワポケらしさ”はどこまで描かれるのか?11月25日(木)の発売を楽しみに待ちましょう。


《茶っプリン》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース