スイッチ本体の最新バージョン「15.0.0」配信―メジャーアップデートなるも内容は控えめ

「14.1.2」から「15.0.0」へと変わるメジャーアップデートですが、そこまで大きな変更点はありません。

任天堂 Nintendo Switch
任天堂サポート(@nintendo_cs)より引用。
任天堂サポート(@nintendo_cs)より引用。 全 3 枚 拡大写真

任天堂は、ニンテンドースイッチ本体のシステムバージョン「15.0.0」を配信しました。

本更新では、HOMEメニューの「Nintendo Switch Online」内がキャプチャーボタンに対応。そのほか、設定の「Bluetoothオーディオ」の位置変更やいくつかの問題修正、安定性・利便性の向上が行われています。

これまでの「14.1.2」から「15.0.0」へと変わるメジャーアップデートですが、そこまで大きな変更点はありません。公式サイトの全文は下記の通りです。

◆更新内容

  • 「設定」の「Bluetoothオーディオ」の位置を変更しました。

  • HOMEメニューの「Nintendo Switch Online」内で、キャプチャーボタンによる画面写真の撮影が可能になりました。
    ※動画の撮影には対応していません。

  • いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

《茶っプリン》

茶っプリン

ゲームライター 茶っプリン

「ゲームの新情報を一番に知りたい、そして色んな人に広めたい」そんな思いからゲームライターに。インサイドではニュースライター、時々特集ライターとして活動。関係者、ユーザーから生まれるネットブームにも興味あり。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース