『スプラトゥーン2』工事が終わった「Bバスパーク」は中央の高台が消えた!?各ルールの変化具合をチェック

Bバスパークのガチホコバトルはもはやまったく違う場所になったかのようです。

任天堂 Nintendo Switch
『スプラトゥーン2』工事が終わった「Bバスパーク」は中央の高台が消えた!?各ルールの変化具合をチェック
『スプラトゥーン2』工事が終わった「Bバスパーク」は中央の高台が消えた!?各ルールの変化具合をチェック 全 13 枚 拡大写真

◆ガチエリア



ガチエリアのみならずガチルール全般で、スタート地点付近にインクレールが追加されています。これのおかげで右ルートへ進みやすくなりました。


ちなみにこれ以外の変更点はほとんどなく、エリアも変わらず2つあります。

◆ガチヤグラ



ガチヤグラはルートなど変更はないものの、87カウントでカンモンがひとつ追加されています(以前はカンモンが2つしかなかったのが3つに)。これまでは最後の直線が防衛ラインになりやすかったですが、これにより浅いカウントで抑えるのも戦略のひとつとなったでしょう。

◆ガチホコ



かなり大きな変更があったのはガチホコです。中央の高台はなくなってしまい、さらにゴチャゴチャしていた壁は取り払われました。ヤケクソ感があったのですっきりして嬉しいですね。


ゴールであるフジツボの位置もかなり変化しています。中央寄りだったものがスタート地点から直線部分にあるようになりました。以前のバージョンでは中央ルート一択という状況でバランスが悪かったのですが、これにより左右ルートを選択する価値が出てきました。


Ver.4.3.0以降の右ルートはカウントを進めるのに最適。距離的にも近いですし、謎のオブジェクトがあるおかげで攻撃も防ぎやすいです。ただし敵の攻撃が届きやすいのでリスクは高め。


左ルートはやや遠回りですが、割と安全に近寄れます。相手が右ルートの防衛に熱心な場合はこちらから裏をかくこともできるでしょう。


中央ルートは頑張って進んでも40カウント止まりです。上記画像の手前にある足場から右ルートに合流しなければカウントが進まないので、この40カウントがバトルにおけるひとつの目安となるでしょう。

◆ガチアサリ



ガチアサリはゴール地点などもあまり変更されていませんが、他のルールよりステージが狭くなっています。これはスタート地点周囲の段差がひとつしかないためです。


■関連記事
  1. «
  2. 1
  3. 2

《すしし》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1