『スマブラ for 3DS』は「拡張スライドパッド」や「ダウンロードプレイ」には非対応か ― DLカードに記載なし

コンビニや家電量販店などで発売が開始された『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』のダウンロードカードに、「対応周辺機器」や「ダウンロードプレイ対応」の記載がないことがわかりました。

任天堂 3DS
ダウンロードカードの簡易パッケージ内側
ダウンロードカードの簡易パッケージ内側 全 2 枚 拡大写真
コンビニや家電量販店などで発売が開始された『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』のダウンロードカードに、「対応周辺機器」や「ダウンロードプレイ対応」の記載がないことがわかりました。

ソフトの発売日以降、ニンテンドーeショップにダウンロード番号を入力することで、ダウンロード版を入手できる「ダウンロードカード」。その簡易パッケージの内側には、パッケージソフトの裏面同様に、ゲームの仕様などの詳細がわかりやすく記載されています。

ニンテンドー3DSソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』のダウンロードカードも先日発売が開始されていることが確認されましたが、簡易パッケージの内側のゲーム仕様説明に、「ダウンロードプレイ対応」および「対応周辺機器」の記載がないことがわかりました。

対応周辺機器に「拡張スライドパッド」がある場合は、必ず「拡張スライドパッド対応」の記載があるので、本作は、少なくとも発売日時点で非対応である可能性が高いことになります。また、ソフト1本だけで通信プレイが楽しめる「ダウンロードプレイ」についても特に記載がなく、こちらについても非対応である可能性が高いものと思われます。

「ダウンロードカード」の簡易パッケージの内側に記載されている情報は以下の通りです。

【仕様】
ダウンロードに必要なSDカードの空き容量:最大2.1GB(17.300ブロック)
ジャンル:アクション
プレイ人数:1人用
セーブデータ数:1
3D映像の表示:あり

【通信機能】
ローカル通信:
 ローカルプレイ 対戦プレイ2~4人
 すれちがい通信 すれちがい大乱闘(ミニゲーム)
ニンテンドーネットワーク:
 インターネット 対戦プレイ2~4人
 いつの間に通信 お知らせを受け取る
  ※ローカルプレイには、人数分の本ソフトが必要です。
  ※いつの間に通信には、無線でインターネット通信できる環境が必要です。


ただし、Wii Uソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』は、NFCを使ったフィギュア「amiibo」に対応することが発表されていること、周辺機器としてニンテンドー3DSシリーズ向けのNFCリーダー・ライターが2015年発売に向けて開発中であることから、将来的に『スマブラ for 3DS』でも“周辺機器”を使用した「amiibo」を使った遊びなどが、アップデートで提案される可能性もあります。あくまでも上記の仕様は“発売日時点”のものであると考えておきましょう。

また、詳細が明らかになっていない「すれちがい通信」を使ったミニゲーム「すれちがい大乱闘」などについては続報にご期待ください。

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』は、2014年9月13日発売で価格は5,200円(税抜)です。

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』は、2014年冬発売予定で価格は未定です。

(C)2014 Nintendo
Original Game: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokemon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / SEGA / CAPCOM CO., LTD.

《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1