『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

「司馬懿〔ライネス〕」と「アストライア」の登場で、その数を11騎に増やした疑似サーヴァントたち。本記事では、その11騎を振り返り、それぞれが誰を依り代としていたり、どんな特徴があるのかなどをご紹介していきます!

モバイル・スマートフォン iPhone
『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】
『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】 全 17 枚 拡大写真

◆シトナイ



Lostbelt No.2「無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング」で初登場し、その後のイベント「神秘の国のONILAND!!」で正式実装を果たした疑似サーヴァント「シトナイ」。依り代は、『Fate/stay night』に登場するマスターの1人「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」です。

サーヴァント名は「シトナイ」となっていますが、実際にはシトナイ、フレイヤ、ロウヒという3種の英霊が複合した存在であり、サーヴァント名が「シトナイ」になっている理由は、3種の中でシトナイが最も強く表に顕れているからなんだとか。ちなみに、“『Fate/stay night』に登場する”と記述している通り、このイリヤは「★5(SSR)イリヤ(キャスター)」とは別物ですので、ご注意を。

◆千子村正



亜種特異点III 「英霊剣豪七番勝負」にて登場し、明言こそされていないものの、その発言から疑似サーヴァントだと思われる「千子村正」。依り代についても明言はされていませんが、『Fate/stay night』の主人公「衛宮士郎」であることは間違い無いでしょう。

「衛宮士郎」と言えば、今まで紹介してきた疑似サーヴァントも含めて、多くの知り合いがカルデアにいる人物です。もし彼がサーヴァントとして実装されれば、マイルームで聴ける他サーヴァントとの関連ボイスが膨大な数になるかもしれません。

◆グレゴリー・ラスプーチン



メインストーリー第2部より登場した疑似サーヴァント「グレゴリー・ラスプーチン」。依り代は、『Fate/stay night』に登場する神父「言峰綺礼」です。

初登場時は、「まさかこいつが『FGO』に出てくるとは……」と多くのマスターが思ったことでしょう。最新のメインストーリー時点では、ラスプーチンが「言峰綺礼」の人格に肉体を譲り渡して消滅したため、性格が完全に「言峰綺礼」になっています。これからのストーリー展開が不安で仕方ない!




※「空の境界」コラボイベントにて登場したサーヴァント「両儀式」も自身のことを疑似サーヴァントと言っていますが、正式な疑似サーヴァントとは形式が違いますので、今回は除いています(正式な疑似サーヴァントは、英霊に憑依された人間のことを指すため)。

■関連記事
『FGO』のGWを振り返り!あの日登場したバルバトス君を、僕たちはいつまでも忘れない【特集】
『FGO』便利過ぎる「印籠スキル」をまとめて振り返り―堕落してもいいからずっと使っていたいです!【特集】
『FGO』ウソみたいな本当の事実5選―サーヴァントは溶岩に落ちても死なないってマジ?
『FGO』公式が「殺生院キアラ」を使ったあの“ジョジョネタ”を披露!「日本ですか……いつ出発します?」
『FGO』柳生ハーレムここに爆誕! 柳但と激戦を繰り広げそうな女性サーヴァント6選【特集】

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3

《茶っプリン》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース