ちょうど20年前の10月7日、プレイステーションは熱かった!『ジルオール』『夕闇通り探検隊』『シルバー事件』などが同日発売─個性派5作品の魅力を振り返り

プレイステーションが全盛期だった20年前。ユニークな作品が次々に登場しており、199年10月7日には、10本を超えるタイトルが同時にリリースされました。今回は、その中から選りすぐった5本を紹介し、その魅力に迫りたいと思います。

その他 特集
ちょうど20年前の10月7日、プレイステーションは熱かった!『ジルオール』『夕闇通り探検隊』『シルバー事件』などが同日発売─個性派5作品の魅力を振り返り
ちょうど20年前の10月7日、プレイステーションは熱かった!『ジルオール』『夕闇通り探検隊』『シルバー事件』などが同日発売─個性派5作品の魅力を振り返り 全 14 枚 拡大写真

インサイドでは、過去の名作や話題作などを、20周年などのタイミングに合わせてピックアップ。その魅力を振り返る特集記事を、随時お届けしています。

そして、本日10月7日のちょうど20年前には、数多くのプレイステーションソフトがリリースされました。光栄(当時。現在はコーエーテクモゲームス)の新たなRPG『ジルオール』や、カルトな人気を誇るADV『シルバー事件』、ホラーゲーム史に残る『夕闇通り探検隊』など、個性的な作品が一挙登場。当時はあまり意識していませんでしたが、改めて振り返るとその濃さに驚かされます。


しかも、1999年10月7日に発売されたプレステソフトはこの3作品だけに留まらず、10本を超えるタイトルが同時に登場。本数、内容共に、見応えのあるラインナップと言えるでしょう。そこで今回は、前述したタイトルを含めた計5作品を振り返り、その魅力をお伝えすると共に、プレステ時代の濃さを一端なりとも紹介したいと思います。

◆歴史の転換を、間近で味わう醍醐味─フリーシナリオが光るRPG『ジルオール』


画像は『Zill O’ll ~infinite plus~』のものです

フリーシナリオを謳うゲームは数あれども、その影響力は作品によって様々です。サブイベントの発生や受注を任意で行う程度のものもあれば、メインシナリオの分岐に関わる場合もあり、“フリーシナリオ”という単語だけでは各作品の懐の深さまではなかなか分かりません。ですが『ジルオール』が持つ懐の深さは、フリーシナリオを採用したRPGの中でも指折りの作品と言えるでしょう。

正統派なファンタジー世界を舞台とする『ジルオール』は、各国が大きな力を持つ一方で、政争や戦乱の中で個人が付け入る隙もあり、国の重要人物たちに一目を置かれるほどの活躍を遂げることも可能。またその人脈が、更なる展開に主人公を巻き込み、波瀾万丈の人生へと立ち向かわせることになります。

画像は『Zill O’ll ~infinite plus~』のものです

それまでの積み重ねや状況によって発生するイベントが多数あり、1~2度のプレイではその全てを到底味わい尽くせないほど。プレイヤーが辿った選択の積み重ねが、歴史の流れに影響を与えていく醍醐味を、何度も新鮮な気持ちで味わうことができる『ジルオール』。人と人の関係が歴史をどのように動かしていくのか、その模様を最も間近で味わうことができるのも、本作ならではの魅力でしょう。

ちなみに『ジルオール』は、20年前の10月7日に発売された新規IPのプレステソフトの中では、最も知名度が高い作品でもあります。というのも、本作だけでもPS2とPSP向けにリメイクされたほか、シリーズ展開として『トリニティ ジルオール ゼロ』がPS3に登場。このように多彩な発展を遂げていますが、直近での動きはないため、改めてリメイクや関連作の登場を願いたいところです。



超能力バトルは、『2』で更なる境地に!
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1